オーラがある手相ベスト3!人気運はトップクラス!

「いるだけで不思議と目立つ」や「何かと注目を集める」みたいなタイプはオーラがある人が多く、ある種の魅力をもちます。

手相でも、そのオーラが強いかどうかを判断できます。

今回はランキング形式でオーラがある手相を紹介していきます。

ぜひ手相をチェックしてみて下さい。

 

3位 太陽線の手相

薬指下に伸びる縦線を太陽線と呼びます。

太陽線の手相

 

この手相は成功運や人気運を表し、人に助けられることが多かったり、周りの人に担がれて出世したり、自信をもって「良い手相」といえます。

オーラの面でも十分すぎるぐらいの魅力をもち、自然と注目を集める存在になれる運をもっています。

しかし、太陽線は濃さや長さによって「運の度合い」が大きく変わります。

 

太陽線が感情線(黒い線)の手前で止まっている場合は、運の度合いはまだまだ弱く、オーラもないわけではありませんが決して強いとは言えません。

ただ、ほとんどの場合は感情線の手前の太陽線からスタートして、成長と共に伸びていくことが多いでしょう。

つまり、今太陽線が感情線の手前で止まっていても、今は成長段階の途中でこれから伸びる可能性は十分にあります。

 

もし太陽線が感情線を越えているなら、普通の人以上の「運の良さ」をもち魅力も十分です。

もちろんオーラにも溢れています。

ぜひその運を生かすためにも人と触れ合う機会を増やして、意識的に人の縁を広げていきましょう。

 

2位 生命線が中指より張り出している手相

生命線は健康運を表す手相として有名ですが、もう一つ魅力も生命線から判断できます。

魅力を見る場合は、「生命線の膨らみ」がポイントになります。

オーラのある手相、生命線

 

生命線の膨らみが中指を越えていると、人への影響力が大きくなり、自分のペースに周りの人を巻き込むエネルギーをもつことを表します。

例えば、あなたの言葉が相手の心に響き、鼓舞することもできるでしょう。

その結果、自然と集団の中心となってリーダー的役割を果たす可能性も十分にあります。

バイタリティーにも溢れているので、疲れ知らずで頑張り続けられる手相でもあります。

オーラの面も言うことなしで、存在感はばっちです。

ただし、エネルギーの強さが独善的な性質を強めてしまう場合もあり、その時は周りの人を振り回す恐れもあるので注意しましょう。

オーラを生かせば、どんどん周りの人を巻き込みながら大きなことも成し遂げられる運を持っています。

 

1位 天下筋の手相

中指に向かって伸びる手相を運命線と呼びます。

この手相が手首辺りから中指の付け根ぐらいまで長く一本の線が伸びる場合、「天下筋」と呼ばれる線に変わり、とても強烈な運勢をもつことを表します。

オーラがある手相、運命線

 

運命線は主に仕事運を表します。

天下筋のように長く一本に伸びる運命線になると、仕事運はとても強く、独立して自分の力で開拓していけるだけの大きな可能性をもちます。

人を牽引していく役割も向いているため、人を使う立場になった時により才能は開花していきます。

どんな形であったとしても、仕事は高みを目指して上昇していくことが大切です。

人の上に立てる運をもつということは、それだけの器の大きさをもっていることを表します。

その器の大きさが威圧感のようなオーラになり、人によっては近づきにくく感じる可能性もあります。

ただし、そのオーラを発揮するためには仕事にエネルギーを注ぐことがポイントになります。

仕事を頑張れば頑張るほど、オーラが強まり、魅力的な人物になっていけます。

ぜひオーラを発揮するためにも、まずは仕事に邁進すると良いでしょう。

天下筋の手相の人が仕事に夢中になっている時は、かなりのオーラが放出されている可能性大です。

 

今回紹介したオーラがある手相は、どれも魅力があり人から注目を集める運をもっています。

それを生かすためには、人の目に触れることが必要です。

ぜひ人前に出ることを恐れず、人との縁を大切にしていきましょう。

オススメ記事:『良い手相の見方、幸運を運ぶ線10種類を完全コンプリート!』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

対面鑑定(新宿)10/8・10/10・10/12・10/16・10/20・10/23・10/25、ご予約受付中

対面鑑定のご予約

大宮出張鑑定は10/21に行います。鑑定ご予約受付中

出張鑑定のご予約

オンライン鑑定(スカイプ・Zoom・LINE)の利用方法はこちら

オンライン鑑定について

対面鑑定・オンライン鑑定を希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク