向上線の手相で開運チェック!仕事の成功時期がわかる!

手相で開運できるかどうかをチェックする場合、一番に注目してほしいのが向上線です。

この線があれば、開運チャンスがやってくることがわかり、大きく飛躍して成功を手にする可能性をもっています。

向上線は開運時期も判断することができるので、その見方も合わせて詳しく解説していきます。

 

生命線から出ている短い縦線があれば開運チャンス!

注目する手相は生命線です。

そこから中指に向かって縦に伸びる短い線を探してください。

一本とは限らず複数ある場合もあり、この手相を向上線と呼びます。

向上線の手相

 

向上線は、別名開運線とも呼ばれ、運が上昇していくことを表しています。

特に仕事運に影響を与え、仕事で成功をつかんだり、出世したり、この線があれば大きく飛躍していきます。

手相の中でも5本の指に入るぐらいの良い線なので、ぜひ探してみてください。

 

探す時のポイントは、画像のように線が短いこと。

それから、生命線に比べて線が薄い可能性が高いことです。

人によっては、顔を近づけてよく見ないとわかならいぐらい薄い場合もあります。

さらに、線が出る箇所が生命線上なので、親指側の場合もあれば手首側の場合もありますが、

多くは生命線の中央辺りに出やすく、20代~40代ぐらいまでの最も血気盛んな時期に向上線が出てくるケースがほとんどです。

もう一つ、この線が長くなると運命線と呼ばれる線に変わり、向上線とは判断しません。

運命線は仕事運や仕事の状態などを見る線で、大きく見れば向上線に近いものはありますが、厳密に見ると違いますので注意してください。

 

生命線を3等分して開運時期をチェック!

向上線は開運線と呼ばれることからもわかるように、運気が開ける時期と判断することができます。

例えば、下積み中の夢を追いかけている人が鑑定に来て、もし向上線があれば、その時期がスポットライトを浴びる時期となり、人生が大きく変わり飛躍できると見ることができます。

では具体的な時期について説明していきます。

向上線の手相の開運時期

 

画像のように生命線を3等分します。

親指側からスタートして親指に近い区切られた青い線を「30歳」と考え、手首側にある区切られた青い線を「50歳」と考えます。

これをふまえて、画像にある向上線を見ると、おおよそ34歳頃と判断できます。

もし、鑑定に来たお客さんがこの手相だったら、「34歳頃に仕事運が良くなるから、34歳に向けて今のうちから力をつけて準備しておくと良いですよ」みたいなことを話します。

この見方はおおよその時期を判断するのには使えますが、正しく判断するには実際の手相を見る必要があります。

そのたえめ、「30歳前半頃が開運チャンスかな」ぐらいに考えておくと良いでしょう。

 

向上線の開運エピソード

僕がプロの占い師になる前、一度だけ手相を見てもらったことがあるのですが、その時に「33歳頃に運が開けますよ」と言われました。

その当時、仕事も人生も上手く行っていなくて行き詰っていた時だったので、とても励みになったのを覚えています。

そして、その後占い師になり、33歳の頃にはテレビや雑誌など、多くのメディアでの出演の機会をいただき、それをきっかけに占い師として自立することもできました。

今思えば、その手相占い師が言ってくれた33歳での開運の話は、向上線を見ての判断だということがわかります。

その過去の思い出もあって、向上線への思い入れは強く、手相を見る時も向上線があるかどうかが気になり、出ている人には開運チャンスがあることを伝えるようにしています。

 

最後に注意点として、向上線はない人もいます。

「ない人は開運できないの?」と疑問に思うかもしれませんが、そういうわけではありません。

明確な飛躍する時期がないだけで、飛躍できないわけではありません。

向上線は突然出てくることがあるぐらい変化も激しい線です。

いつ出るかわからないので定期的にチェックしましょう。

関連記事:『未来志向型の手相!夢を持つことで輝く希望線』

関連記事:『手相の知る人が知る開運ライン!運命線の枝分かれの線』

オススメ記事:『良い手相の見方、幸運を運ぶ線を完全コンプリート!』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10/24横浜、10/28大宮、10/30品川へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

鑑定ご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク