マネジメント線の手相は部下をもつのがスタート!管理職に就いて才能発揮!

最初は「何の仕事に就くか?」で悩み、次に「仕事の同僚との関係」に悩み、それを乗り越えると「人を育てる使うなどの部下との関係」で悩むパターンが多いです。

実際、占いの鑑定の依頼者もこのような悩みを抱えて相談に見られる人はよくいます。

手相では、「何の仕事(適職)」「同僚との関係(コミュニケーション能力)」「部下との関係(マネジメント力)」を見る場合の線は、それぞれ違います。

今回はその中でマネジメント力がわかる手相について解説します。

 

人差し指の下に斜めに伸びる線がマネジメント線!

人差し指の下に中指方面に向かって伸びる斜めの線を「マネジメント線」と呼びます。

マネジメント線の手相

 

人によっては2本・3本出る人もいますし、短かったり長かったり長さもまちまちです。

濃くて長いのが良く、強い線が複数あるのであればマネジメント線としては最も理想的です。

マネジメント線の数が増えれば増えるほど、マネジメント力もアップすると考えてください。

短く薄いマネジメント線でも、多少のマネジメント力はあります。

しかし、大勢の人をまとめあげるほどの力量とは言えず、少人数をまとめる立場が性に合っています。

マネジメント線の意味は、人を育てたりまとめたりする能力に優れ、仕事でいえば管理職のような人を指導するポジションに就くとマネジメント線は輝き、才能を発揮します。

ある程度部下がいる立場の方がマネジメント線を生かすことができるため、仕事で成果を上げて認められて出世してからが、マネジメント線の本番だと思ってください。

それまでは、マネジメント線があっても「人をまとめる能力があるとは思えない」と疑心暗鬼の場合もあるでしょう。

その場合は、「やってみたら意外とできた」を実感できるはずなので、チャンスがあればぜひ人を管理する立場にチャレンジしてみるのはおすすめです。

 

向いている職業はコンサル系や教育系

適職で考えると、人にアドバイスするコンサル系や人を指導して育てていく教育系は向いています。

仕事探しで困った時は、ぜひ候補の一つとして考えてみると、意外と性に合い才能が開花するかもしれません。

また、習い事や趣味などを極めて、それを生かしてカルチャースクールみたいなところで教える仕事に就くのも合っています。

本格的な学校の先生よりも、「教える」キーワードに得意分野をもってそれを教えていく方が向いています。

マネジメント線が二本あって、そこに他の線が加わって井戸の「井」の字のようになったら「聖職紋」という特別な手相へと変貌を遂げます。

聖職紋の手相

 

聖職紋になったら、向いている仕事は教職です。

こちらも合わせてチェックしておきましょう。

関連記事:『適職は先生の手相。聖職紋があれば教える仕事は天職!』

オススメ記事:『良い手相の見方、幸運を運ぶ線を完全コンプリート!』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1/5名古屋へ出張鑑定!(残り4枠)

出張鑑定のご予約

12/16大宮、12/23品川、12/26横浜へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

12/22、1日で5分鑑定ができる手相講座

詳細・申し込みはこちら

鑑定ご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク