先生向きの手相。教える仕事はマネジメント線が重要!

手相占いでは、才能や性質がわかり、適職を見ることもできます。

今回は、先生に向いている手相を紹介します。

ここでいう先生は、学校の先生だけではなく、カルチャースクールで占いを教えるみたいなことから、コーチングやコンサルタント系のお仕事まで、「教える」に関わる仕事なら全般的に向いていると考えてください。

 

教える仕事の理想の線はマネジメント線!

手相で先生業が向いている!と最もおすすめできるのがマネジメント線です。

 

マネジメント線とは、人差し指下に中指に向かって伸びる線のことを指します。

人によっては1本だけではなく、2本・3本と数多く出る場合もあります。

線の勢いや濃さによっても変わりますが、数が多い方がマネジメント線のエネルギーも強まると考えられ、先生業により向いているともいえるでしょう。

マネジメント線は、その名の通りマネジメント能力に優れ、人を育てたり管理したり、人を育てることに秀でていることを表しています。

そのため、教える仕事以外にも管理職に就いて人をマネジメントするようなことも適職の一つといえるでしょう。

管理職に就くような人を見ると、マネジメント線がやっぱり勢いよく出ている場合が多いです。

ただし、気をつけてほしいのは、管理職に就く人が必ず最初からマネジメント線が出ているわけではありません。

立場が人を変えるかのように、元々は向いていなかったはずの管理職も、任されることによって試行錯誤を重ねながら努力で成長を遂げ、マネジメント線が表れる場合もあります。

出ていないからといって、「私は管理職も教える仕事も向いていない」と決めつけてはいけません。

線が出ている人に比べれば努力は必要になりますが、頑張り次第でマネジメント線が出てくることは十分考えられます。

それぐらいマネジメント線は変化しやすく、誰にでも出現の可能性をもった線なのです。

参考:『育て上手の手相!マネジメント線』

 

教職が天職の聖職紋

マネジメント線は先生といっても幅広く、人を育てることや教えることが全判的に向いている手相でした。

しかし、先生業に専念するのが理想の手相もあります。

それが聖職紋です。

 

人差し指の下にシャープのような紋章があれば聖職紋です。

この線が出ていることはかなり珍しく、希少性の高い手相です。

きれいにシャープの紋章になっていればなっているほど、聖職紋としての効能は高くなります。

この線がある人なら、迷わず「先生」と呼ばれる職業を選ぶと良いでしょう。

先生の道へ進んでいなかったとしても、趣味でやっていたことを頼まれて教えることになるなど、何かしらで先生的なことをやらざる負えなくなるケースはよくある話です。

もし先生的なことを頼まれたら能力は備わっているので、できるか不安でも勇気振り絞ってやってみると良いでしょう。

その経験をきっかけに覚醒して、先生の道が開かれていることは十分にあり得ることです。

参考:『人差し指下の格子の線は聖職紋。教師の仕事が天職の手相!』

 

あなたが目指す先生像はこれ!

先生といっても様々なタイプがいますが、ここではより細かく、「どういった先生を目指すと良いか」についても解説していきたいと思います。

 

感情線が長い人は情熱教師型

感情線が指まで届いている手相は、感情エネルギーが強く、感情が一つの武器になる人です。

ある意味、そこに長所が隠されているともいえるので、感情を使っていくことが大切です。

このタイプの手相は、熱血教師が理想で、感情を伝えることで相手の感情にも訴える欠けることができ、感情と感情が響き合って、相手のモチベーションを高めることができる人です。

また、情が深く面倒見が良くなる傾向にあるため、幼稚園や小学校や中学校など幼少期時代の子供教育や落ちこぼれて立ち止まったことを、後押ししてあげるような先生はとても向いています。

相手にエネルギーを与えることができる人なので、相手の気持ちを動かし、相手に変革をもたらすことも可能です。

参考:『浮気をしたらバレバレ?!感情線が長い手相は顔に出る!』

 

知能線が長い人は理論教師型

知能線が長く小指下まで伸びている手相は、知識理論型タイプの先生が向いています。

 

知能線が長いのは、頭で物事を捉えていく能力が高く、沈着冷静でとても理性的です。

そのため、論理的に物事を解明していく能力に優れ、理論をもってわかりやすく相手に教えることができるでしょう。

高校生や大学生など、ある程度話を理解してくれて内容的にも高度になる高等教育が理想的です。

生徒が学びたい意欲が強い人なら、あなたの理論的な生命に納得し、知的好奇心は刺激されることでしょう。

自分自身も学ぶことが向いているので、先生になった後も知識や教育方法を深めていくことができる手相です。

参考:『知能線が短い手相は頭が悪い?!知能線の「長さ」でわかること』

 

知能線が垂れ下がる人は専門教師型

知能線が手首側に向かって垂れ下がる手相は、マニアックになりやすく、一点集中で専門性を深めることができます。

一つの分野に特化して専門教師を目指すのが理想です。

知能線が垂れ下がると人は、広げることよりも深めることに優れていて、興味をもった分野があれば、その世界にとっぷりつかって、スペシャリストになることが可能な人です。

このタイプが先生になるなら、音楽や美術の先生のように、一つの分野をとことん極めて、その世界を伝えていく人になるでしょう。

そのため、大学の教授になって研究職的なポジションに就くもの悪くありません。

THE先生という感じではありませんが、他の先生にはない特有の個性もつ場合が多く、それによって人気を得る場合もあります。

参考:『アキバ系の手相。オタク道を極めろ!』

 

まとめ

今回した線がなければ先生になるが全く向いていないわけではありません。

手相は変化していくように、今回消化した線がなくても努力していけば、線が変化して出てくることはあり得ることでスす。

また、紹介した線が出てこなかったとしても、先生のやり方によっては、先生業として活躍することも可能です。

大切なことは、自分の手相がもつ性質や才能や宿命を生かして発揮できるかどうかです。

自分自身の手相を知り、先生業に限らず自分に合ったスタイルを見つけていきましょう。

参考:『適職の記事一覧』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月18日、DRESS主催手相のワークショップ「手相が読めるようになる!恋愛編」@六本木

講座の詳細・ご予約

10/19品川、10/24大宮、10/25横浜、10/31千葉へ出張鑑定

出張鑑定の詳細・ご予約

鑑定をご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク