目上の人がキーパーソン!引き立て線

スポンサーリンク

やたらと年上から好かれる人がいます。
僕の知り合いでも別に媚びているわけではないのに、
目上の人から可愛がられるタイプの人がいました。

他の人と何か違うのか観察しては、
盗もうと考えたこともありましたが
わかったことは「真似してできるものではない」という諦めでした。
今は才能の一種だと思っています。

手相でも目上の人に好かれる線があります。
自分自身に天性の可愛がられる運を持っているのか
チェックしてみましょう。

人差し指の下にある線に注目

最初に注意事項として今回紹介する線は補助線と呼ばれる線で、
必ずある線ではなく、なかったとしても問題ありません。
特に今回の線は補助線の中でも出現率はあまり高くはなく、
出ている人の方が少ないかもしれません。

また、知能線や感情線のような主要線よりは
薄いのが標準です。
そのため、よく見ないと気づかない場合があるので、
チェックする時はじっくり見て判断してください。

では、今回の引き立て線について説明していきます。
見るべき場所は人差し指の下にある斜めの短い線です。

この線を見る時のポイントは短い線であることと、
生命線から出ている線ではないということです。

生命線から出て人差し指に向かって伸びていれば、
別の線と判断します。
長い場合も同じで違う線と考えます。

画像のような線であれば、
目上からの引き立てにあって人生が切り開かれます。

そのため、どうしても目上の人が多い若い頃に
効力を発揮しやすく、目上の人と付き合いがある人の方が
この線を生かすことができます。

仮に引き立て線があっても、
目上の人と触れ合いが機会が全くなければ、
宝の持ち腐れのような状態になって、
引き立てられることを実感するのは難しくなります。

この線がある人は、
会社員であれば積極的に上司や先輩に近づきましょう。
フリーランスであれば年上の人との交流を作りましょう。
それがこの線を生かすためには最低限必要なことです。

また、濃ければ濃いほど引き立て運は強まります。
今薄いという人も濃くなっていくこともあるので、
時々チェックしては自分の今の引き立て運を確認して、
年上の人との交流を積極的に持つべきかどうかの
一つの指針にするのも良いかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月28日横浜、9月29日大宮へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク