手相でわかる適職!商売人タイプ

手相を見れば、向いている仕事がわかります。

適職を見る場合は、特に知能線がポイントになります。

今回は、お金を稼ぐことに優れている「商売人タイプ」の手相を紹介します。

 

知能線が小指に向かえば商売人向き

冒頭で適職は知能線が重要と書きましたが、その理由は知能線が頭脳となって、その人の能力や才能を最も表すからです。

商売人に向いているのは、知能線が上向きにカーブして小指に向かっている手相です。

 

上向きに伸びる知能線は、そこまでいる線ではなく、お目にかかることが少ない手相の一つです。

画僧のようにしっかり上がっている線になるとかなり少ないので、少しでも小指の方に向かって知能線が上昇していれば、商売人の気質をもっていると考えてもらって構いません。

商売人に限らず、お金に関わる仕事であれば向いているため、銀行や金融関係なども良いでしょう。

 

この知能線が商売人向きの理由としては、小指の下の場所を手相では水星丘と呼び、ここ自体に「財」という意味があるため、お金との縁が強くなり、お金を稼ぐことが得意になることから、商売人の才能を得られると考えられています。

 

 

ちなみに小指の下にある縦線を財運線と呼びますが、これは水星丘に「財」の意味があることが影響しています。

財運線についてはこちらの記事をご覧ください。

参考:「手相で財運チェック!あなたの財運線のレベルはいくつ?」

 

言語能力にも優れている!

小指に向かう知能線は、商売能力だけではなく、言語能力にも優れています。

というのも、水星丘には「言葉」という意味があるからです。

そのため、「言語」に携わる仕事に就く人も多く、代表的な仕事としては通訳や翻訳家です。

実際、お客さんの中には英語を勉強し始めたらハマってしまい、そのまま英語を使える職種に転職した人がいました。

それ以外にも、英語が好きで趣味で英語を勉強していて、いつかは英語を使った仕事に就きたいと思っている人もいました。

それから、上向きの知能線は単独で出ることが少なく、多くの場合が枝分かれの一つの線として表れることがほとんどです。

 

この場合でも、同じく商売人タイプの手相と考えてもらって構いません。

ただし、商売人向き以外の知能線も出ているので、適職の幅は広がります。

つまり、「商売人+〇〇の仕事」がこの人の適職になります。

枝分かれする知能線は、どんな形であっても才能の広がりと考えてもらうと良いでしょう。

参考:『あなたの手相は成長期?知能線の枝分かれは才能拡大中のサイン』

 

まとめ

自分の向いている職業を知ることは、社会で成功をつかむための必須ポイントです。

その上で、運勢の流れを知り、転職や起業する運勢の時期が良ければ言うことなしです。

参考:『転職は運勢を味方につけろ!占いでわかる時期による転職方法の違い』

参考:『手相で見る適職シリーズ』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月22日横浜、11月26日品川、11月27日大宮へ出張鑑定

出張鑑定の詳細・ご予約

11月21日、DRESS主催手相ワークショップ「手相で仕事適性がわかる!」@六本木

手相ワークショップの詳細・お申し込み

12月24日、算命学特別講座「1日で10分鑑定ができる天中殺技法」@渋谷

講座の詳細・お申し込み

鑑定をご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク