適職は何?商売人タイプの手相

スポンサーリンク

僕には商売の才能があまりないので、
商売をできる人をどこかで羨ましく思ってしまいます。

知り合いの商売上手の人が
あるイベント会場でバナナの叩き売りかのごとく
美顔器を売りさばいていたのは圧巻でした。

知能線が小指に向かえば商人(あきんど)向き

商売人というより商人(あきんど)という言葉の方が
個人的に好きだったので書いてみました。
商売人でも商人(あきんど)でも手相の違いはありません。

商売人に向いているかどうかを見分けるのに
一番分かりやすいのが知能線です。

知能線が上向きにカーブして小指の方に向かっていれば、
商売人タイプの手相です。

実はこの線はそこまでいる線ではなく、
あまりお目にかかることが少ない線の一つです。

ここまで上がっている線になるとかなり少ないので、
少しでも小指の方に向かって知能線が上昇していれば、
商売人の気質をもっていると考えてもらってOKです。

小指の下に水星丘と呼ばれる丘があり、
ここ自体に「財」や「言葉」という意味があるので
商売人の才能を得られると考えられています。

ちなみに水星丘に「財」の意味があるため、
小指の下に出る線は財運線と呼ばれます。
※財運線についてはこちらの記事をご覧ください。
「手相で財運チェック!あなたの財運線のレベルはいくつ?」

言語能力にも優れている

水星丘には「言葉」という意味もあると先ほど書いたように、
この知能線の人は商売人以外も言葉を使った仕事は向いてます。

特に「言語」を操る仕事に携わる人が多く、
通訳や翻訳家など、他の国に言語を使った仕事で活躍したり、
多言語を必要とする仕事に就いたり、
言葉を覚える才能にも恵まれています。

実際、お客さんの中には英語を勉強し始めたら
ハマってしまい、そのまま英語を使える職種に転職した人もいます。

それ以外ではお金に関わる仕事、銀行や金融関係なども
大きく見れば適職の一つとして考えることができます。

最後に大事なこととして、
この線は単独で出ることが少なく、
多くの場合が知能線の枝分かれの一つの線として
表れることがほとんどです。

この場合でも同じく商売人タイプの手相と考えてもらって構いません。
ただし、それ以外の知能線も出ているので、
適職の幅は広がると考えて下さい。

「商売人+○○」がこの人の適職になります。
もし、この形以外でも枝分かれの知能線があれば、
複数の適職をもっていると考えられます。

自分の向いている職業を知ってもらい、
ぜひ就職や転職の時の参考にしてみて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

占い鑑定のご予約はこちら
占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

今だけ限定10名(残り6名)募集!『特別手相メール鑑定』
ご予約・詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク