手相の疑問、結婚線が3本ある人は3回結婚する?

スポンサーリンク
今まで手相を鑑定してきて結婚線が多い人では7本以上ある人がいました。(無数にあり過ぎて途中で数えるのが嫌になって止めました)

もし結婚線の数が結婚の数であるなら、その人は7回結婚することになります。ちなみに結婚回数の世界記録は29回だそうです。そこまでいくと結婚ほどの深い気持ちはなく、ほぼ恋愛気分と変わらないと思うので結婚線は出ない可能性が高いでしょう。

結婚3回ぐらいまでなら探せばいるかもしれませんが、7回の強者は聞いたことがありません。ということからも結婚線の数が結婚の数ではないことが分かってもらえるかと思います。

 

結婚線は結婚のチャンス

結婚線という言葉と結婚線が他の線に比べて人それぞれに出ている数の違いが大きいことと、その数の違いも結婚運に影響することが、誤解を生む原因になったのではないかと推測されます。世間の結婚線への誤解を解くためにも声を大にして言いたいと思います。

結婚線は結婚の数ではなく「結婚のチャンスの数」です。

結婚線が3本ある人なら結婚のチャンスが3回あります。結婚のチャンスということは、結婚線があるからといって結婚ができるわけではなく、あくまでもチャンスがやってくるだけです。

「誰の上にもチャンスはやってくるだけどもそれを掴めるかは別だよ」

などと成功者が語っているのを見たことがありますが結婚線も同じことが言えます。この言葉にはさらに続きがあって

「だからいつチャンスがきてもいいように準備をしておく必要がある」

本来であればチャンスはいつやってくるかわかりません。しかし、結婚線は親切に結婚のチャンスを「お知らせ」してくれています。そのチャンスに合わせて準備をしておけば、結婚の確率は高まります。

そのことからも結婚の鑑定にくるなら早い方が断然得なのです。20代で結婚の鑑定に来てくれれば、これから訪れる結婚線がまだまだあって、鑑定でも「何歳の頃にチャンスがあるから準備をしておいてね」と具体的なアドバイスができます。

しかし、30代中盤以降に鑑定にきてもらうとすでに結婚のチャンスが過ぎ去っていることも多く、人によってはこの先の結婚線がない場合もあります。

ただ結婚線がないからといって結婚ができないと諦める必要はありません。結婚線がない人はない人なりの結婚チャンスを作る方法はあります。

参考:『結婚線がない手相の結婚運は0%?』

病気でなってからでは手遅れになる場合もあるので、ぜひ一度健診のつもりで結婚線を確認して結婚のチャンスの時期を把握しておくことは大切です。

※こちらの記事を参考にしていただければ、ある程度自分でも結婚のチャンスの時期を把握することができます。

参考:『モテ期の時期がわかる手相術』

 

まとめ

結婚線が多ければ結婚のチャンスの数も増え、結婚できる可能性は高くなるかもしれませんが結婚生活が上手くいかずに離婚してしまうケースも意外と多いです。

むしろ結婚線が1本しかない人の方が確かに結婚のチャンスは少ないのですが、幸せな結婚生活を送れる可能性は高く離婚するケースはとても少ないでしょう。

参考:『(結婚線一本の人)運命の相手と出会いやすいベストオブ結婚線』

いくら結婚のチャンスがあっても結婚する相手は1人だけです。そのことからも結婚線の数を気にするよりも結婚の時期がいつなのかを知ることが、タイミングを逃さず結婚を手にする秘訣です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月27日横浜・6月29日大宮で出張鑑定!ご予約受付中

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク