浮気を手相で見抜く!結婚線でわかる不倫のサイン

よく「結婚はゴールではない結婚してからがスタート」という言葉を耳にします。

確かに恋人時代は仲良く、結婚式では永遠を誓ったのに結婚して2年・3年で離婚するケースを何度か目にしてきました。

その離婚にいたるきっかけの一つに「不倫」が絡んでくることはよくある話です。

そうならないためにも、離婚になる前に手相に不倫線がでているかどうかをチェックして未然に防ぎましょう。

 

結婚線の先端にある短い線は不倫のサイン!

結婚線の先端に注目してください。

手相、不倫線をもつ結婚線

 

結婚線に接近して重なるように短い線が出ていれば、不倫する危険性があります。

根無しの結婚線とも呼ばれ、根を生やす場所がないため、フラフラと遊び回ってしまいます。

画像では結婚線の上に線がありますが、結婚線の下に出ていても同じく不倫の危険性があると判断します。

上でも下でも結婚線の先端にでていれば、不倫線と思ってください。

この様な線があれば、今まさに現在進行系で不倫をしている場合もありますし、今は不倫をしていないとしても不倫のしやすい状態にあって、不倫の危険が迫ってきていることを表している場合もあります。

とにかく他に目移りし始めているなり、他が現れる可能性があるなり、何かしらの不倫や浮気をする環境が整いつつあると考えられるでしょう。

その誘惑や欲望に負けないよう、自分を律することが大切です。

 

パートナーの不倫線もチェック!

自分自身の状態を知ることはもちろん大切ですが、それと同じぐらいパートナーがどういう状態なのかを知っておくのも幸せな結婚生活を送るには重要です。

もし、パートナーの手相を見て、不倫線があれば監視の目を光らせておく必要があります。

ただ、間違ってほしくないのは、この線があるからといって必ず不倫をするわけではありません。

あくまでも不倫の可能性が高まっているだけの場合もあって、強い自制心で不倫の誘惑に負けず乗り越えられる人もいます。

手相でいえば、知能線が長い人や感情線が短い人は、理性が働きやすく強い自制心をもった人に該当します。

反対に危険なのは、感情的で衝動性が強いタイプや精力旺盛のタイプは、最大の警戒心をもって常に監視しておく方が良いでしょう。

衝動的タイプ:『浮気をしたらバレバレ?!感情線が長い手相は顔に出る!』

精力旺盛タイプ:『手相でわかるH度チェック!生命線が張り出している人は精力強!』

 

それから大事なこととして、不倫線を見つけたからといって、いきなり問い詰めたりしないでくださいね。

結婚線の中には不倫線に類似した線があり、一般の方では見分けがつきにくく、よく見間違えてしうまうことがあります。

心配なので不倫と見間違いやすい線も紹介しておきます。

手相、結婚線

 

画像のように、結婚線全体に重なるように出ている場合は、不倫線ではなく普通の結婚線で良い線です。

あくまでも、先端に重なって出ている場合だけが不倫線と判断します。

判断がつきにくい場合は、相手の様子を観察しながら時間を置いてまた結婚線を見てみると、線に変化が起きて、不倫線なのか普通の結婚線なのか判断がつくようになる場合もあります。

もし結婚していない人に不倫線が出ている場合は、そういう結婚になりやすいことを表しています。

自分自身に出ている場合は、そのことを心に留めておき、結婚後はできるだけ異性との交流は控える方がよいかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3/13品川、3/26大宮、3/28横浜へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

3月30日、手相講座「才能を活かす!ビジネス手相」@渋谷

手相講座の詳細・ご予約

鑑定をご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク