占いで結婚のベストタイミングをチェック!入籍日も結婚運への影響大!

「結婚はタイミング」と言われることがあるように、相性が良くてもタイミングが合わずに結婚のチャンスを逃すケースはあります。

実際、相性が良かったのに恋愛期間が長くなり過ぎて結婚のタイミングを逸して、別れてしまった人が占いのお客さんにもいました。

占い視点で考えると、やはりベストタイミングと言える時期があり、その運勢に入ると結婚の気持ちが高まり、タイミングを逃せば結婚の女神が離れていくかのように、結婚から遠ざかってしまうケースも多くなります。

そこで今回は、結婚の理想的なタイミングを紹介します!

 

結婚運が良い時期

普通は付き合ってから3年以内とか、20代後半頃とか、一般的によくいわれる結婚を決めやすいタイミングがあると思います。

しかし、運勢から見るとそんなことは全く関係ありません。

20代中盤に良い時期がやってくる人もいれば、30代に入ってから結婚にふさわしい時期がやってくる人もいます。

結婚の良いタイミングは人それぞれ違うため、完全オーダメイドだと思ってください。

結婚にふさわしい時期はいくつがありますが、その中から一つ紹介します。

まずは、こちらのサイトから自分自身の星を調べてみてください。

算命学の星を調べる

 

星を調べると、

樹木・草花・太陽・灯火・山・大地・鉄・宝石・海・雨

これらの10種類の星のどれかが算出されます。

星は後天運として、毎年左から右へ順番に回ってきます。

2020年は鉄、2021年は宝石、2022年は海・・・あとは書いてある順番通りです。

(※雨の後は先頭に戻って樹木になります)

 

それぞれの星には、結婚の良い星の時期があります。

樹木の人→大地が回ってくる時期

草花の人→鉄が回ってくる時期

太陽の人→宝石が回ってくる時期

灯火の人→海が回ってくる時期

山の人→雨が回ってくる時期

大地の人→樹木が回ってくる時期

鉄の人→草花が回ってくる時期

宝石の人→太陽が回ってくる時期

海の人→灯火が回ってくる時期

雨の人→山が回ってくる時期

 

例えば、2020年は鉄が回ってくる時期なので、草花の人にとっては結婚運の良い時期にあたります。

この良い時期に入ると、不思議と結婚への意欲も高まり、今まで結婚に興味がないといってた人でも、結婚を意識して、結婚の話をし始めるのはよくあることです。

また、恋人がいない人なら、この時期に結婚したいと思えるぐらい素敵な相手と出会える時期にもなります。

恋人がいて「いつか結婚したい」とぼんやり考えている人なら、ぜひこの時期に籍を入れるのはおすすめです。

パートナーの星も調べて、どちらかが結婚に良い時期に入っていればOKです。

これ以外にも結婚にふさわしい時期はありますが、他の星も見ないと答えることができないので、結婚を考えていて気になる人はぜひ鑑定に来てください!

※今回紹介した時期は必ず良いわけではありません。人によっては偶然悪い時期と重なる場合もあります。また、再婚などの条件によっても変わる場合があります。

 

結婚運が悪い時期

結婚にふさわしくない時期もあります。

その代表的なのが、算命学では天中殺の時期です。

誰にでも12年の間に2年間だけやってきます。

でも難しいのは、不思議と天中殺の時期に結婚したくなる場合もあるのです。

天中殺に入ってから突然結婚の話が進み出し、その勢いのままに結婚を決めることは決して少なくはありません。

特に長年付き合っていて結婚のタイミングを逸して決断できずにいたカップルが、天中殺の時期に重い腰をあげて動き出す、みたいなケースはよくあります。

しかし、天中殺に結婚してしまうと、結婚生活に波乱が訪れ失敗する危険性が高まります。

例えば、船越英一郎さんと松居一代さん夫婦や渡辺謙さんは、天中殺の結婚です。

全ての人が天中殺に結婚したからといって離婚するわけではありませんが、できるなら避ける方が良いでしょう。

 

結婚の良い時期と悪い時期が重なった場合は?

厄介なのは結婚の良い時期と天中殺が重なるケースです。

この場合は、天中殺の影響の方が強く出てしまい、基本的には結婚はおすすめできません。

もし、この時期に結婚が決まっている場合やすでに天中殺で結婚したという場合は、今の状況や星によっても変わりますが、相手に求めない受身の姿勢でいることが大切です。

欲が強まれば強まるほど天中殺の影響を受けやすくなり、結婚に理想を求め始めると夫婦関係にも問題が出始めます。

天中殺は、「流される」を意識して過ごすのが理想です。

 

入籍日も重要!結婚運を高めるためには必須!

「終わり良ければすべて良し」という言葉がありますが、運勢に限っては「スタートが良ければすべて良し」です。

スタートの日がとにかく重要で、始めた日によってその物事の成否が決まってしまうこともあるぐらいです。

結婚でいえば、入籍日がスタートの日にあたります。

結婚の日にこだわりがなければ、良い運勢の日を選ぶのはおすすめです。

特に、相性が悪い人や年の運勢が悪い時期にあたる人は、リカバリーの意味でも入籍日は吉日を選ぶと良いでしょう。

入籍日鑑定も行っていますので、気になる人はご予約ください。

「入籍日鑑定に詳細・ご予約」

 

まとめ

人生にとっても運勢にとっても結婚は大切です。

それによって、運気が上がり、結婚によって人生が飛躍する可能性も十分にあります。

ですので、結婚するなら最高に良い時期を選んでください。

それによって、その後の結婚生活に大きな影響を与え、運勢が末永い幸せな家庭を築く応援をしてくれるはずです。

結婚を決められず迷っている人は、結婚の決断の後押しのためにも一度運勢をチェックしてみると良いでしょう。

関連記事:『結婚願望のない彼も結婚したくなる結婚運ピーク期がある!』

関連記事:『手相の色でわかる結婚の時期。ピンク色の線は結婚が近い!』

オススメ記事:『手相占いで結婚運チェック!結婚適齢期の見方から玉の輿の結婚まで全部紹介!』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月の対面鑑定(新宿)10/4・10/7・10/13・10/18・10/22・10/25の鑑定ご予約受付中

対面鑑定のご予約

9/29大宮への出張鑑定ご予約受付中

出張鑑定のご予約

オンライン鑑定(スカイプ・Zoom・LINE)の利用方法はこちら

オンライン鑑定について

対面鑑定・オンライン鑑定を希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク