占いの恋人タイプ!「年上向きor年下向き」の本当の意味

恋愛や結婚の占い相談で、「私は年上の方が向いていますか?それとも年下ですか?」と聞かれることがよくあります。

これは、年上or年下の方が向いていると出る場合もありますが、特別どちらかだけが向いていると出ない場合もあります。

ただ、年上or年下が向いていると出た場合も、実は「年齢が年上or年下ならOK」というわけにはいかないのです。

そこで今回は、「年上向きor年下向き」に隠された本当の意味を解説しましょう。

 

年上向きor年下向きの本当の意味

僕も鑑定の中で、「恋人にするなら年上が向いていますね」ということはあります。

しかし、その後に必ず付け加える言葉があります。

「ただし、同い年や年下の人でも、年上のように感じられるなら相性いいですよ」

確かに星を見ると、「恋人にするなら年上の方が良い」というのがわかることがあるのですが、本当は年齢が「年上の方がいい」という意味ではないのです。

占いの星が伝えていることは、「年上風の相手が良い」ということなのです。

これは年下の場合も同じで、正確にいうなら年下ではなく、「年下風の恋人」となります。

ここを勘違いすると、年齢に捉われ本質を見失い、年齢で相手を判断する危険性があります。

 

占いで見る年上風の恋人とは?

では、年上風とは一体どういう人なのか?

僕が使う東洋占いの算命学では、知的さを感じる順応性のある受け止めてくれる相手です。

それを一言でいうなら「子供をあやす大人」のような状態で、温かい目で見守ってくれる優しい心を持った人です。

つい、年上のイメージからすると、「頼もしい」、「リードしてくれる」、「力強い」みたいな言葉が先行しがちではありますが、これらは占いでは年上には当てはまりません。

もっと熟成されていて、人の話に耳を傾け、周りに気を使い、理性的な振る舞いができるのが「年上」に該当します。

このような性質をもった人であれば、同じ年や年下の相手であっても「年上」と考えてもらって構いません。

反対に年齢は年上であっても、これらの性質に当てはまなければ「年上」には該当しません。

 

占いで見る年下風の恋人とは?

今度は年下風についてです。

同じように東洋占いの算命学では、「年下が向いている」という星を持っている人はいます。

でもその場合も実際は「年下風の相手」が向いているだけで、年齢が年下なら良いわけではありません。

では年下風の相手とはどんな人か?

占いでは、元気で明かく茶目っ気がある素直な人です。

それは簡単にいうと、「子供っぽい人」と言い換えることもできます。

これはもしかしたら、一般的な年下のイメージにも近いかもしれません。

これも年上の時と同じく、年齢は年下だけども落ち着いていて、はしゃぐこともないような人であれば、年下とはいえません。

反対に年上や同い年でも、子供っぽさがあれば「年下の人」と見てもらっても良いでしょう。

 

まとめ

占いでは、実際の年齢よりも精神年齢や性質から生まれる年上っぽさor年下っぽさの方が大切なのです。

でも不思議なもので、年齢差があることで本来はそのような性質がなくても、自然と年上の人は年上らしさにじみ出ますし、年下の人は年下らしさがにじみ出てきます。

それは、様々な人を鑑定をすることで学んだことの一つです。

ただし、その場合も年齢差があればあるほど良く、1歳や2歳差ぐらいでは、にじみ出ることは少ないでしょう。

占いでは、向いているタイプははっきりと出ます。

だからといって、必ずしもそのタイプの相手と結ばれるわけではありませんが、向いているタイプと結ばれれば愛情はいつまでも消えることなく、相手を理解してあげられ、仲良くいられる可能性が高いでしょう。

過去の恋愛を思い出し、「どのようなタイプが多かった」「どのような人を好きになりやすいか?」を検証してみるだけでも、自分に向いているタイプが見えてくる場合があります。

恋愛で行き詰っている人は、ぜひ過去の恋を振り返ってみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月18日、DRESS主催手相のワークショップ「手相が読めるようになる!恋愛編」@六本木

講座の詳細・ご予約

10/19品川、10/24大宮、10/25横浜、10/31千葉へ出張鑑定

出張鑑定の詳細・ご予約

鑑定をご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク