人差し指の下に半円がある手相はソロモンの環。王様になれる運をもつ!

スポンサーリンク

今回はもっている人はほとんどいませんが、まれに見かける珍しい線を紹介します。

この手相の人は、強烈な運を持っています。

見るべきポイントは人差し指の下です。

もし人差し指を囲むように半円を描く線がでていたら、あなたは珍しい線の持ち主であり、特別な運が備わっています。

 

人差し指下の半円は独裁者の相!

 

人差し指を囲うようにキレイに半円が描かれているのが理想です。

この半円の線をソロモンの環と呼びます。

このソロモンというのは、古代イスラエルのソロモン王から由来となってこの名がついています。

ソロモン王の逸話によると、神から智恵の指輪を授けられ、その指輪を人差し指につけていたことから、手相の人差し指の半円を「ソロモンの環」と呼ぶようになったみたいです。

そのことからもわかるように、特別な才能をもった線であり、運の強さも人並み外れたものをもっています。

具体的には、「権力運」「野心」「カリスマ性」が備わる線です。

 

権力運をもつ

ソロモン王が由来となっていることからもわかるように、権力との縁がとても強くなります。

会社であれば、自然と人の上に立ち、人をまとめる役割を果たすことになるでしょう。

本人の性格的にも人の下にいるよりも、人の上に立つことを好み、人によっては独善的な一面を見せることもあります。

どのしても王様が由来となっている線なので、わがままさや自分勝手さが現れてしまい、経営者であれば独裁タイプとして君臨することが多い手相です。

その代わり、リーダーシップ力は飛び抜けたものをもち、部下や仲間を引き連れて大きな決断をできる人です。

ソロモンの環を持っている人は、ぜひ上を目指していくと良いでしょう。

 

野心家な面をもつ

権力運とも繋がっていくのですが、人の上に立てる運をもちつつ、人の上に立ちたいと思う野心家でもあります。

これは権力運でも同じことがいえるのですが、人差し指の下にある木星丘の影響によるところが大きいでしょう。

 

この木星丘には「権力」「野心」「支配欲」「独立心」「向上心」などの意味があり、ここに出ている線は多かれ少なかれ木星丘の影響を受けることになります。

ソロモンの輪は「権力」と「野心」の影響を強く受け、野心をもって権力をつかむことができる線といえるのです。

ただし、野心が強くなり過ぎると相手を平気で蹴落としたり、欲に目がくらんだり、人格としては問題がある人物になりかねません。

目がくらむほどの野心家になってしまわないよう気を付けましょう。

 

カリスマ性をもつ

野心をもち権力を手にして、最後はカリスマ的存在になることがあります。

ここまできたらソロモンの環としては最高の状態です。

独善的な面があったとしても、それを凌駕するほどの魅力があれば、どんなわがままも許してもらえるものです。

そういう存在になれる可能性をもっているのが、ソロモンの環のすごいところでもあります。

ソロモンの環がある人は、ぜひカリスマになるところまで目指して頑張ってみてください!

 

まとめ

ソロモンの環はなくて当たり前の線です。

また、あったように見えても崩れていたり、キレギレであったり、キレイに出ている人はなかなかいません。

キレイではないソロモンの環では、やはり本来持っているはずの運は半減すると思ってください。

ソロモンの環ほどの野心家ではないもののカリスマ性を持っている線は他にもあります。

こちらもぜひチェックしてみてください!

参考:『マスカケ線の手相は天下を取れる?』

参考:『運命線でわかるベストオブ独立向きの手相は「天下筋の相」』

参考:『伝説の手相「三奇紋」。3つの線で成功運は神レベル級!』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月28日横浜、9月29日大宮へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク