プロだけが知っている手相のサイン。隠れ金運をチェック!

スポンサーリンク

手相で財運を見るとなったら、まずは小指の下の「財運線」をチェックしましょう。

続いて薬指の下にも「財産」を築けるかどうか見ることができる線があるので、そちらもチェックしておく必要があります。

財運線参考:『手相で財運チェック!あなたの財運線のレベルはいくつ?』

財産運参考:『今は貯金0でも将来はお金持ち!?財産運がある手相』

 

その二つの財運を表す線を見ても、全く線がなく財運に恵まれる見込みがないと思うのはまだ早い!

もう一つ「隠れ財運」を表す手相のサインがあります。

隠れ財運があれば、現状はお金に恵まれていなくてもお金を掴める運を持っていることがわかります。

では、どのような手相のサインが隠れ財運なのか解説していきます。

 

小指の下は埋蔵金のありか!

 

手相見が一般的に財運チェックで確認するのは、財運線と呼ばれる小指の下の縦線です。

この線があるだけでは財運が強いとは言い切れませんが、多くの場合ない全くない人よりも財運は強く、さらに長く伸び始めれば富豪の仲間入りも夢ではありません。

しかし、なかには手相占い師も思わず言葉に詰まってしまうような、財運線が全く見当たらない手相の人もいます。

実はその時に将来性を見据えて、もう一つ必ず財運をチェックする手相のサインがあることは意外と知られていません。

それが財運線の土壌となる小指の下の膨らみです。

 

手相では手のひらある膨らみのことを「丘」と呼び、9つの丘に分けることができます。

その中で小指の下にある丘を「水星丘」と呼び、「財」という意味があります。

わかりやすく説明をすると「財運線」は木であって、その土壌にあたるのが丘です。

財運線という木が育つことで「お金」という実がなります。

つまり、土壌にあたる「丘(水星丘)」には財の源が眠っていて、そこが強ければ財を生み出すエネルギーはあると考えることができます。

僕のイメージでは埋蔵金です。埋蔵金が隠されているかどうかは水星丘が膨らんでいるかどうかで判断します。

もし小指の下の水星丘が膨らんでいれば、埋蔵金がたくさん隠されていて、いずれ掘り当ててお金を手にする可能性をもっています。

また、財運線がある人も水星丘が膨らんでいる、財源は尽きることなくいつまでもお金が供給され続けると考えることもできます。

いずれにしろ財運を考える上で水星丘は欠かせない大事なチェック箇所なので、ぜひお金持ちになれかどうかを見る場合は財運線と合わせて確認しましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月20日品川、11月27日大宮、11月30日横浜へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク