プロ手相家は知ってる隠れ金運のサイン。小指下の膨らみをチェック!

手相で金運を見るとなったら、まずは小指の下の「財運線」をチェックしましょう。

続いて薬指の下にも「財産」を築けるかどうか見ることができる太陽線があるので、そちらもチェックしておく必要があります。

財運線参考:『手相で財運チェック!あなたの財運線のレベルはいくつ?』

財産運参考:『今は貯金0でも将来はお金持ち!?財産運がある手相』

 

その二つの金運を表す線を見ても全く線がなく、「金運に恵まれる見込みがないな」と落ち込むかもしれませんが、まだ早い!

もう一つ、「隠れ金運」を表す手相のサインがあります。

隠れ金運をもっていれば、現状はお金に恵まれていなくてもお金をつかめる運を隠し持っていることがわかります。

では、どのような手相のサインが隠れ金運なのか解説していきます。

 

小指の下の膨らみ(水星丘)は埋蔵金のありか!

手相家が一般的に金運チェックで確認するのは、財運線と呼ばれる小指の下の縦線です。

手相、財運線

 

この線があるだけでは金運が強いとは言い切れませんが、少しでも出ていれば、将来的にさらに長く伸びていって富豪の仲間入りも夢ではありません。

というのも財運線は変わりやすい線の一つで、見違えるように良くなることがあるからです。

 

しかし、なかには財運線の影も形も見当たらず、小指の下がまっさらな手相の人もいます。

その時に「金運がない」と断定するのは早計です。

財運線や太陽線以外に、金運を見る上で必ずチェックする手相のサインがあることは、意外と知られていません。

それが、財運線の土壌となる小指の下の膨らみです。

手相、水星丘

 

手相では手のひらにある膨らみのことを「丘」と呼び、9つの丘に分けることができます。

その中で小指の下にある丘を「水星丘」と呼び、「財」という意味があります。

財運線と同じく金運を表す手相のサインではありますが、意味合いは多少違います。

 

例えるなら、財運線は樹木にあたり、その土壌にあたるのが丘だと考えてください。

財運線という木が育つことで、「お金」という実がなります。

でも残念ながら水星丘という土壌だけでは、どんなに肥えてもお金の実は得られません。

つまり、「お金を得る」には木にあたる財運線が必要です。

しかしながら、木が大きく育つためには土の栄養分が必要で、そこで土にあたるあたる「丘(水星丘)」が重要になってきます。

わかりやすくいえば、水星丘は埋蔵金だと思ってください。

水星丘に埋蔵金が隠されていて、水星丘が膨らめば膨らむほど埋蔵金も大量に隠されていることになり、いつか掘り当てて大金を手にする可能性をもっていると、占いでは判断できます。

また、財運線があって水星丘が膨らんでいれば、財源は尽きることなくいつまでもお金が供給され続けると考えることもできるため、崩れる心配のない盤石な金運をもつ手相になります。

いずれにしろ、金運を考える上で水星丘は欠かせない大事なチェックポイントなので、ぜひお金持ちになれかどうかを知りたい人は、財運線と合わせて水星丘も確認しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6/19品川、6/25大宮、7/5藤沢へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

鑑定ご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク