マルチプレイヤーの手相。ただし器用貧乏に注意!

スポンサーリンク

今回は何をやってもそれなりにできてしまう、マルチの才能を持った手相についてです。最近では複数の仕事をこなす人も多くなり、「仕事は何ですか?」と聞くと「色々なことをやっています」と答える人が増えた気がします。

この先、本業にいくつかの副業を持っている人が増えるといわれていますので、これからの時代にはマッチした手相といえるかもしれません。

知能線の枝分かれの数だけ才能あり!

通常知能線と呼ばれる線は一本です。その線に木の枝のような線がにょきと顔出すことがあります。これが枝分かれの線です。

知能線に枝分かれの線が出てくれば、簡単に言えば新たな才能が増えたと考えることができます。

例えば画像のような枝分かれの線がある人なら、元々は垂れ下がる知能線をもち想像力豊かでクリエイティブの才能を持っています。そこに横に伸びる枝分かれ線が出てきたので、現実力も備わり生活力(お金を稼ぐ力など)が身についたと考えることができます。

仕事でいえばクリエイターだけでなく、営業や販売系の能力もあります。多才な能力があればおのずと多種多様な仕事にチャレンジしたい気持ちにもなり、色々なことに興味が湧いてくるはずです。

知能線の数に比例して才能も増えていくので、知能線の数が多くなれば仕事も二つ三つと複数の職をこなす可能性は高くなります。

さらに、大きく枝分かれをしていれば才能の振れ幅も大きくなります。例えば芸術家適性をもちながら、その真逆の商売の才能をもつみたいなことです。

器用貧乏と考え過ぎに注意

枝分かれの線は良いことばかりでなく、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

マルチの才能を手にすれば、どうしても器用になるため、一歩間違えると器用貧乏で中途半端になってしまう恐れがあります。

色々できる才能があるからといってコロコロと仕事を変えてしまうのは危険です。始めたことはある程度力がつくまで頑張り、その上で他のことにも興味をもてればマルチプレイヤーの道を歩めるはずです。

また、枝分かれの線はあくまでも「幹ではなく枝」なので、本線以上に才能が開花することはありません。本線が一番優れている能力だということを忘れないでください。

知能線が枝分かれをすれば思考の幅が広がり、余計なことまで考えてしまうことがあります。それが結果的に悩みを作る原因となって、迷うことが多くなるかもしれません。

画像のように知能線が枝分かれして3本以上になる人は、器用貧乏になる危険性も人生に迷う確率も高くなります。一つ軸となるものを決めてから新しいことを始めると良いでしょう。

今は知能線が一本の人も成長と共に枝分かれの線が出てくることはよくあるので、ぜひ観察して自分の目で成長を実感してみて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

占い鑑定のご予約はこちら
占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

今だけ限定10名(残り6名)募集!『特別手相メール鑑定』
ご予約・詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク