マスカケ線の手相を見かけたら言ってあげて欲しい一言

スポンサーリンク

「100人に1人」「天下取りの手相」など様々な話題性の高いキャッチフレーズに彩られたマスカケ線ですが、その真実は容易ではない人生が待ち受けている手相でもあります。

 

どの手相よりも「生き方」が問われ、マスカケ線らしい生き方をできた時こそ、天下取りと言われるだけのスケールの大きい人生を歩むことができます。

 

では、マスカケ線らしい生き方とは何か?それについて解説いたします。

 

マスカケ線は大器晩成型

 

知らない人のために、まずマスカケ線とは何かについて説明いたします。

 

知能線と感情線が一つになった手相で、見た目としてはひらがなの「て」と書いてあるかのような線ができあがります。

 

E3839EE382B9E382ABE382B1E7B79A-1

 

トップを取る手相と言われもてはやされることが多いのですが、実際のところはそう簡単ではなく、トップを取るだけの運気をもっているだけで決してトップが約束されているわけではありません。

 

そのことについては下記の記事に詳しく書いてありますので参考にしてください。

マスカケ線の手相は天下を取れる?

2015.06.16

 

冒頭でも書いたように、マスカケ線の強い運勢を開花させるためには生き方がとても重要です。運勢を生かせる生き方ができた人だけがマスカケ線として大成できる道を歩むことができます。

 

つまり、マスカケ線であることは、マスカケ線コースを歩める切符をもっているだけなのです。

 

マスカケ線の特徴の一つとして大器晩成型の運勢をもち、どうしても若い頃に成功をつかみ取りにくく、周りの人と比べて出遅れる可能性が高くなります。

 

芽が開くのはどんなに早くても30代以降になってしまい、20代は我慢の時期として耐えなければなりません。ただ実際は、この耐える20代の時期がマスカケ線としての栄養分を蓄える最も重要な時期でもあるのです。

 

マスカケ線にとって「耐える=成長」と思っておくと良いでしょう。

 

苦労は買ってでもしろ!

 

身の回りの手相を見れば、一人や二人マスカケ線の人を見つけることができると思います。ぜひ、その時に言ってあげて欲しい一言があります。

 

「大変な道に進め!」

 

マスカケ線は若い頃に苦労することで磨かれ成長し、トップを取るための下ごしらえが完成します。また、逆境にも強いため追い込まれることでいち早く才能も開花します。

 

つまり、苦労なくして真のマスカケ線にはなれず、もしマスカケ線の人が岐路に立たされて道に迷っていたら、「大変な道に進んだ方がいいよ」と言ってあげる必要があるのです。

 

仮にそこで楽な道の方に進んでしまうと才能を発揮できないマスカケ線になってしまい、天下を取れないどころか普通以下のうだつの上がらない人生になりかねません。

 

マスカケ線を見かけたら叱咤激励と思って、ぜひ厳しい一言をぶつけてあげて下さい。

 

厳しさの先に大きな頂がまっているのがマスカケ線です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

占い鑑定のご予約はこちら
占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

今だけ限定10名(残り6名)募集!『特別手相メール鑑定』
ご予約・詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク