金運アップの方法は投資or貯蓄、手相でわかる財テクタイプ

スポンサーリンク

金運をアップさせるための方法は、手相を見ていると人それぞれ違うことがわかります。闇雲に財運アップを目指すよりも、自分自身にあった方法を知ることが財運を高めるためには大切です。

また今の金運レベルをチェックすることも大切です。今回の記事と合わせてチェックしておきましょう。

参考:『手相で金運チェック!あなたの財運線のレベルはいくつ?』

使って増やす投資型財運線

手相で財運を見ていくと大きく分けて、「投資型と貯蓄型」の二つの財運タイプに分けることができます。

では、まずは投資型から紹介したいと思います。見るべき線は小指の下にある財運線です。その財運線が薬指側にある場合は「投資型」になります。

 

投資型の財運線を持っている人は、財運を高めるためにはお金を使うことが大切です。

普通に考えればお金は使えばなくなります。この線を持っている人もそれは同じです。ただ何も考えずに使っているだけであれば、お金はなくなる一方で増えることはありません。「お金をどう使うか」ここにポイントがあります。

無駄使いといわれかねない使い方であれば、せっかくの投資型財運線も生かせず浪費で終わってしまいます。しかし、「投資」を意識した使い方をすれば、使った分だけ財運が高まりお金回りが良くなります。

株や不動産のような投資は向いていますし、勉強や経験のような「自己投資」でも構いません。それ以外にも部下や仲間など、周りの人にご馳走することも投資の一つです。

ぜひお金が入っても溜め込まず、投資と呼べる使い方をしましょう。

ただし、浪費型の財運線も同時に持っている人は、投資のつもりでお金を使っていると浪費になってしまう場合があるので注意が必要です。

『浪費家の手相、財運線が複数ある人は要注意!』

 

貯めて増やす貯蓄型財運線

財運線が小指の真ん中にある人は「貯蓄型」です。

 

貯蓄型の財運線を持っている人は、無駄使いをせず貯めることが大切です。コツコツと積み重ねていく上で財運がアップします。そのため、お金をつかむまでは時間がかかり、一攫千金を狙うのは向いていません。

投資型よりは安定度が高く、一度財を掴めば大きく崩れることは少ないでしょう。お金の管理にもたけているので、もし結婚相手がこの様な線をもっているなら、お金の切り盛りを全て任せてしまっても問題ありません。

特に投資型のタイプの人は、貯蓄型のパートナーをもつと入ってきたお金が無駄に出ていくことがないように、上手にコントロールしてくれるはずです。

自分自身の財運のタイプを知り、お金との付き合い方を考えてみて下さい。

金運アップに必見!手相から見る貯蓄型の財運線にオススメの節約術

2017.03.12
スポンサーリンク
スポンサーリンク