手相でわかる恋の燃焼度合い3タイプ!感情線の角度をチェック

スポンサーリンク
 愛情の火が点火して沸騰するまでの時間は人それぞれ違うものです。すぐに沸騰する人からなかなか温まらない人まで様々ですが、その沸騰までのスピードは手相を見ればある程度予測できます。

チェックポイントは感情線

ぜひ覚えておいてほしいのは愛情関連を手相で見る場合、感情線と結婚線がメインとなることがほとんどです。今回の愛情の火の強さをチェックする線も、予想を裏切らず感情線をみることでわかります。
愛情が高まっていくスピードは感情線の角度と比例します。感情線の指に向かっていく角度が急であればあるほど、愛情も急激に高まり一気に沸騰します。
知能線が離れている人も急発進しやすいタイプなので、合わせてチェックしておくと良いでしょう。
では具体的にどのように判断していくのか、恋の火加減を3つのタイプに分けて解説します。

弱火:感情線が直線的で短い

愛情の火は弱火です。ビーフシチューを作る時ぐらい弱火でコトコトと煮込んでやっと愛情が温まってきます。
そもそも愛情が沸騰することはほとんどなく、好きな人ができたとしても我を忘れるほど恋に没頭することはありません。
愛情を温めるためには時間をかける必要があるので、一目惚れや出会ったその日に恋に落ちることも少ないでしょう。
触れ合う回数を重ねることで相手の魅力に気付き、自分自身の感情も動き始めます。そのため、よくある恋の形は同じ職場や友達など、何度も会うことができる関係性が多く、その方が失敗も少ないのでおすすめです。
恋が冷めていくのにも時間がかかり、一度好きになれば突然嫌いになるようなことはありません。強くはありませんが好きな気持ちは継続しやすく、じっくり愛を育てていく手相です。

中火:感情線がなだらかなカーブを描く

愛情の火は中火で沸騰するまでの時間は平均的です。相手によってはその日のうちに愛情が沸騰することもあるでしょう。
だからといって異常なほどの盛り上がりを見せるわけではなく、冷静さを欠くほどの大胆な行動を取ることはありません。
恋人関係になれば盲目的な行動を取ってしまうこともあり得ますが、付き合う前から一人突っ走るようなことはなく、関係性をふまえて愛情の温度を調整することができます。
愛情が冷める時も急速とまではいかず、それなりの理由があって下降していくので相手に混乱を与えることはなく、別れで大きな問題が生じることも少ないです。
最も恋愛バランスの良い愛情の沸騰スピードを持った人といえます。

強火:感情線が急激にカーブを描く

キャンプファイヤーぐらいに愛情の火は燃え上がり、一気に愛情の温度は上がりすぐに沸騰します。
出会ったその日に恋に落ちて、そこから猛アタックで相手にアプローチをかけるとしたらこのタイプです。
相手の気持ちよりも自分自身の気持ちを優先してしまい、迷惑がられることもあるのですが、その壁さえ突破して結ばれることもあります。つまり、振り向いていない相手を振り向かせることができる可能性が高いのもこの手相です。
恋は衝動的に突然やってくるので、いつどこで出会うかがわかりません。また何をきっかけに恋に火が着くかもいまいち読み取れません。
どうしても恋の失敗も多く、沸騰状態が終わり熱が冷めてきた時に、ふとさほど好きではないことに気づいて恋が終焉を迎えることはよくあることです。
「熱しやすく冷めやすい」の典型的なタイプなので、この手相の人は間違ってもスピード婚だけは止めておきましょう。
愛情の沸騰が落ち着いてからが始めて本心が現れ、自分の気持ちを確かめることができます。

まとめ

 

恋の火加減は自分自身の恋愛タイプを理解する上で知っておくのは大切です。同時に相手の恋の火加減を知ることはもっと大切です。
「相手が今後急速に冷めることがあるのか?」「今は盲目になっているだけなのか?」を判断することができ冷静に対処することができるはずです。
さらに相手の束縛レベルを知っておけば、恋愛後に豹変するのか今のままなのかもわかって恋愛で失敗することはさらに少なくなります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月28日横浜、9月29日大宮へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク