結婚線、右手は「愛す人の数」左手は「愛される人の数」

男女が集まって恋愛話になると、「愛すより愛されたい派」と「愛されるより愛したい派」で議論が行われることがあります。

実際どっちの道に進みやすいかを手相では確認することができます。ちなみに僕は、断然「愛すより愛されたい派」です(笑)

 

右手の結婚線は「思う線」

 

愛す側の人なのか、愛される側の人なのかは、左右の結婚線を見比べることでわかります。まずそれぞれの結婚線にどういう意味があるかを説明します。

右手の結婚線は「思う線」
左手の結婚線は「思われる線」

右手の結婚線が多ければ自分から好きになることが多く、受身よりも積極的恋愛スタイルの方が向いています。

ただし、相手にはまだあなたの魅力に気づかず、勝手な片思いの可能性があります。猛プッシュで押し切るのも良いのですが、ゆっくり焦らず相手にあなたの魅力を知ってもらうことから始めてみるのも方法の一つです。

 

左手の結婚線は「思われる線」

 

左手の方が結婚線が多いという人は、思ってもらえることが多い人です。「身に覚えがない」という人は、言い寄られないだけで陰ながら思ってくれている人がいるかもしれません。

誘われるのを待って受身でいたとしても、それなりに恋愛チャンスはあるとは思いますが
自分が好きになれる相手から思われるかは別です。

左手の結婚線はあくまでも「思われる線」なだけであって、素敵な相手から思われるかははわかりません。

思われるから幸せなわけでもなければ、思われることで大変な目にあう可能性だってあります。左手の結婚線の方が多い人を見ていると、「誰に」思われるかが重要だということに気づきます。

それぞれの結婚線の特徴を生かして、素敵な相手をゲットするための参考にして下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月22日横浜、11月26日品川、11月27日大宮へ出張鑑定

出張鑑定の詳細・ご予約

11月21日、DRESS主催手相ワークショップ「手相で仕事適性がわかる!」@六本木

手相ワークショップの詳細・お申し込み

12月24日、算命学特別講座「1日で10分鑑定ができる天中殺技法」@渋谷

講座の詳細・お申し込み

鑑定をご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク