あなたは複雑系?!手相の線の数からわかる思考パターン

もしチャンスがあれば人と自分の線を比べてみて下さい。

全く違う線があったり、線の形が違ったり、自分が「当たり前」と思っていた手相とは違う手相がそこにはあるはずです。

その手相の違いこそが人の性格の違いであり、運勢の違いになります。

人と見比べた時に真っ先に目に飛び込んでくるのは、もしかしたら線の数かもしれません。

「細かい線が多い」「線が3本しかない」などなど今回はその線の数の違いについて説明します。

 

線が少ない人はシンプル思考

手相の線の数が最も少ないのは、生まれたての赤ちゃんです。

成長するにつれて多くの人は線が増えていきます。

なかには生まれた時とほとんど変わらず、線が3本~4本しかない人もまれにいます。

もし、そのような人を見かけたら、その人は「生まれたての赤ちゃん」と同じ思考性をもっているかもしれません。

わかりやすくいえば「シンプル」「単純」。

余計なことは考えず、悩みも少なく、見たものをありのままに素直に受け止めようとします。

好き嫌いがわかりやすく、表現はとても純粋です。

しかし、気を付けないと「わがまま」と思われる恐れもあります。

周りに「子供っぽい」と感じる人がいたら、赤ちゃんのようなシンプルな手相をもっているかもしれまん。

 

線が多ければ悩みも多い

成長するにつれて線は増えていくと先ほど説明しました。

その理由は、考えたり感じたりすることが多くなり、余計なことまで頭を巡らせてしまうことが原因の一つとして考えられます。

そのため、線が多い人の方が物事を複雑に思考します。

頭の中でこねくり回すのは、この手相のタイプです。

さらに、細かい線が多ければ繊細さも合わせ持つこととなり、人の気持ちを敏感に察知し、気を使い過ぎることがあります。

悪いことばかりではなく、感受性が豊かになるおかげで、相手の気持ちを理解してあげられる共感性や理解力が強まりもします。

多種多様な能力も身につき、状況に合わせた柔軟な対応もできる人です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月22日横浜、11月26日品川、11月27日大宮へ出張鑑定

出張鑑定の詳細・ご予約

11月21日、DRESS主催手相ワークショップ「手相で仕事適性がわかる!」@六本木

手相ワークショップの詳細・お申し込み

12月24日、算命学特別講座「1日で10分鑑定ができる天中殺技法」@渋谷

講座の詳細・お申し込み

鑑定をご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク