転職前に手相を確認!運命線でわかる仕事のモチベーション

働いていれば、転職をしようか迷ったことが、一度や二度は誰でもあるかと思います。

対面鑑定でも転職の相談はとても多く、その時に僕が必ず見る線が「運命線」です。

 

運命線を見つけるポイント

手相、運命線

四大基本線の一つでもある運命線は、手相の中でもとても重要な役割をもち、仕事運を見る時には絶対に欠かすことができません。

ただし、運命線は誰にでもある線ではなく、薄いことも多いため、鑑定の際に「運命線がありません」と訴えてくる人は多いです。

でも実際は、ほとんどの人が手相を見たらちゃんと運命線があるものです。

運命線を見つけるコツとしては、知能線・生命線に比べて薄いということを頭に入れ、その上で中指に向かって伸びている線を探してみてください。

始まりはどこであっても中指に伸びていれば、短い長い関係なく、全て運命線と見て構いません。

あとはその運命線がどういう形や濃さなのかによって、仕事へのモチベーションや今の仕事の状況を判断することができます。

 

運命線の強弱をチェック

運命線が濃く勢いよく中指に伸びていれば、「強い」判断します。

運命線が強ければ、仕事へのモチベーションが高く、今の仕事の状況は良いと判断できるため、慌てて転職する必要はありません。

ただし、さらなる高みを目指してステップアップするために職業を変えたいのであれば、転職も決して悪いわけではありません。

 

運命線が弱いというのは、線が薄く運命線がはっきりしていなかったり運命線が切れ切れで乱れていたり、崩れている状態をさします。

運命線が弱ければ仕事へのモチベーションは低く、今の仕事状況では成長も発展も難しいといえます。

何かしらで仕事状況を打開しなければ、モチベーションは下がる一方で不満が募り、いずれ爆発する恐れがあります。

もし、「最近愚痴が増えているま」と感じる場合はより危険度は高いとといえるでしょう。

 

一つ気を付けてほしいのは、運命線は仕事の状態やモチベーションはわかりますが、今の職種が合っているのか(適職)はわかりません。適職は別の線でみます。

運命線で見ることができるのは職種が合っているかどうかではなく、仕事環境が合っているかどうかです。

運命線が弱い原因が職種の場合もあれば、人間関係や会社への不満かもしれません。

運命線が弱ければ、とにかく仕事へのモチベーションをさえぎる、何かしらのマイナス要因が働いていると考えましょう。

仕事が合っているかを見る場合は、こちらの適職記事を参考にしてください。

参考:『手相で見る適職について』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7/24品川、7/25横浜、7/30大宮へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

8/3「絶対にわかる手相講座」@渋谷

手相講座の詳細・ご予約

鑑定ご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク