運勢の影響力大!占いから見る良い親子関係って何?

親子関係が人生や性格形成に影響を与えるのは、今では当たり前のこととして認識されつつもあります。

それもあって、本屋さんにいけば親子関係や子供教育の本をたくさん見かけます。

占いでも親子関係による運勢の影響はとても大きく、親子関係の状況だけで人生の成否が決まってしまう場合もあるぐらいです。

実際、僕が鑑定を行う時は、親子関係の質問をいくつかさせていただく場合があります。

そこで今回は占いから見る親子関係の見方について解説します。

 

占いから見る「良い親子関係」

一般的に考えれば、良い親子関係とは、親と子供の仲が良く信頼関係が築けている状態ではないでしょうか。

しかし、占いで見る「良い親子関係」は、必ずしも親と子供の間に信頼関係が築かれているのが良いとは限らず、それぞれの運勢によって変わってしまいます。

例えば、子供の運勢を見ると「親との縁が薄い」という宿命をもっているのに、

親が子供との信頼関係を大切にするがゆえに子供との距離を近づけようと頑張ってしまうと、

子供にとっては過干渉に感じてしまったり、足を引っ張られているのような感覚になったり、良い親子関係とは思えなくなってしまいます。

 

運勢から考えても、この場合は親子関係がいい意味で希薄な方が良く、お互い自立し合って認め合った関係でいられると「良い親子関係」を築けます。

すごくわかりやすく言うなら、「親と距離が近い方が良いのか」「親と距離が遠い方が良いのか」に分けられます。

これらの運勢の見分け方は、僕が使っている算命学(生年月日を元に運勢を見る占い)では一目瞭然でわかります。

手相でも、ここまではっきりとは出ませんが親子関係の運勢をチェックできます。

 

親との縁が強い手相

手相では親子の縁が強いのか、それとも他人との縁が強いのかがわかります。

見るポイントは運命線です。

 

運命線(赤い線)が生命線(黒い線)の内側に入っている場合は、親族との縁が強まり、身内の助けを受けて人生が開かれていきます。

つまり、親との縁が強く、親との関係が密接である方が運勢にとってもプラスに働きます。

もしこの手相を持っている人が、親の跡を継いたり、親と一緒に仕事をしたりするのなら最も理想的な働き方です。

困った時は親に相談するなどして頼るのが良く、身内が一番の力になってくれます。

良い親子関係を築いていくためにも、親子共々助け合っていくと良いでしょう。

 

他人との縁が強い手相

同じく運命線に注目してください。

 

運命線が小指下から出ている手相は、他人から助けられて運勢が切り開かれていきます。

他人から応援してもらえることが多く、人に恵まれる手相ともいえます。

周りから担ぎ上げられて、実力以上の結果を残せる運ももっているため、人との交流を大切にして他人との縁をしっかり構築できているかで運勢も決まってきます。

この手相の場合は、親とは離れていく方が良く、内よりも外に目を向けていく方が良いでしょう。

それが良い親子関係を築く秘訣になります。

 

まとめ

親子関係は十人十色で、それぞれの親子にとって良い関係性があります。

仲が悪いから「親子関係はダメ」といった単純なものではなく、仲が悪くてもそれが運勢にとっては正しい場合もあります。

心配な人は、ぜひ手相や算命学などで親子関係をチェックしてみて下さい。

オススメ記事:『占いで開運!運を上げるための方法14種類を完全コンプリート!』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

対面鑑定(新宿)8/13・8/15・8/18・8/21・8/28・8/29、ご予約受付中

対面鑑定のご予約

大宮出張鑑定は8/22に行います。鑑定ご予約受付中

出張鑑定のご予約

オンライン鑑定(スカイプ・Zoom・LINE)の利用方法はこちら

オンライン鑑定について

対面鑑定・オンライン鑑定を希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク