手相占い鑑定レポ!夫婦で両手マスカケ線をもつ超レアな二人

手相で珍しい線といえば、代表的なのはマスカケ線です。

よく「100人に1人」と呼ばれるぐらい、希少性が高いとされています。

しかし、実際は両手共にマスカケ線の場合だけ100人に1人で希少性がとても高く、片手だけがマスカケ線になると、もう少増えます。

今回はその珍しい両手マスカケ線を夫婦で持っている人を鑑定しました。

単純に考えれば1万人に1人!?(本当はもっと少ないです)一体どんな夫婦だったのか解説します。

 

両手マスカケ線の夫婦は50歳を超えても波乱万丈!

最初にマスカケ線の特徴について簡単に説明しておくと、

・人生が波乱万丈

・0か100かの良い悪いがはっきりした運勢

・大胆でチャレンジ精神旺盛

・個性的で独立心旺盛

・逆境に強い

・大器晩成型

ざっと箇条書きにするとこんなところでしょうか。

とにかく個性が強く、普通や平穏といった人生からは程遠く、大きなことを成し遂げられる運勢の強さをもっているのが特徴です。

個性的な特徴をもったマスカケ線の人は、不思議と恋人や結婚相手がマスカケ線というケースを見たことがありません。

自分なりの解釈としては、個性が強い同士だと強烈過ぎて安定感がなくて落ち着かなくなるから、結ばれないんだろうと思っていました。

しかし、この前始めて鑑定でマスカケ線同士の夫婦を見ることができました!

それも夫婦共に両手マスカケ線!!

こんなカップルや夫婦は、プロの占い師でも一生のうちに一度見れるかどうかだと思います。

写真も撮ってきましたので、希少な夫婦両手マスカケ線を目に焼き付けておいてください。

二人共にとてもきれいなマスカケ線です。

では一体どんな夫婦生活を送っているのか、鑑定での話を再現してみたいと思います。

 

50歳になって家族でタイに引っ越し!

今回、鑑定に来てくれたのは夫婦で両手マスカケ線なのが珍しいから、どんな運勢や性質をもっているのか鑑定をしてほしいというのと、もう一つ旦那さんが50歳を迎えて、突然会社から「タイに支店を作ってくれ」といわれたそうなのです。

つまり、一から現地の従業員を集めて営業して販路を作り、タイ支店を立ち上げるための支店長的立場で数年間はタイで頑張ってほしいと、会社から頼まれたらしいのです。

もちろん、それだけ仕事ができるという証拠ではありますが、今まで日本でしか暮らしたことがなく、50歳という年齢を考えると容易いことではありません。

タイの暮らしが長期化する可能性もあるので、奥さんも一緒に行くことにしたみたいです。

それについて「大丈夫ですか?」というのも聞きたかったそうです。

僕の答えはもちろん「ノープロブレム」。

マスカケ線にとっては未開の地を切り開いていていく、チャレンジ的な生き方はむしろ歓迎するべき出来事です。

旦那さんは、「心配よりもワクワクしている」らしく、まさにマスカケ線らしいなと感じました。

マスカケ線にとっては平凡な人生の方が良くなく、かえって精神的に不安定になったり、家族問題が勃発したり、悪い意味での波乱を起こしかねません。

会社としては、未開の地に切り込むのに、最もふさわしい手相の人を抜擢したと言えます。

タイでもきっと活躍してくれるはずです!

 

両手マスカケ線夫婦が仲良くいるための秘訣

強烈な個性をもつ両手マスカケ線が夫婦になれば、本来ぶつかって離婚になっても不思議ではありません。

でも今回鑑定した夫婦は、結婚生活は長く離婚するような手相でもありませんでした。

では、どうして二人が仲良くいることができたのか?

話を聞いていると、やはり二人共に相手のマスカケ線特有の我の強さは実感していたらしいです。

でもそこで、お互いに「ぶつけ合ったら危ない」とカンが働いたみたいで、あまり多くを語り合わなかったそうです。

つまり、「余計なことは言わない」。

それから、旦那さんが仕事人間で仕事に熱中していたので、あまり家にいなかったのも良かったみたいです。

マスカケ線同士が夫婦になること自体は、占いの相性から見るとあまりおすすめはできませんが、今回のケースのようにお互いに相手を尊重し合って踏み込まないようにすれば、夫婦生活が成り立つことがわかりました。

それができれば、マスカケ特有の人生の波乱が起きても、共にマスカケ線なので、逆境をバネに変えて乗り越えることは容易です。

その場合は、これ以上に心強いパートナーはいません。

つまり、安らぎは得られないかもしれませんが、頼もしい仲間を手にすることができるのがマスカケ線夫婦の特徴といえるでしょう。

 

まとめ

交通事故にあったり、難病にかかったり、タイへの転勤以外にも様々波乱万丈の話を聞くことができました。

でも、そんな普通なら大変だと思う話も、二人にとってはカンフル剤のような良い刺激となっているみたいで、後ろ向きになることなく、前向きに明るく生きているのが印象的でした。

マスカケ線らしさを抑えて我慢するのではなく、それを認め合ってマスカケ線らしさを発揮し合うことこそが、マスカケ線夫婦の上手くいく秘訣だということを確信しました。

参考:『両手マスカケ線の手相は本当に珍しい!普通には生きられない脱サラ手相』

参考:『フェラーリイベントにマスカケ線が通常の25倍!多い理由を考えてみた』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月22日横浜、11月26日品川、11月27日大宮へ出張鑑定

出張鑑定の詳細・ご予約

11月21日、DRESS主催手相ワークショップ「手相で仕事適性がわかる!」@六本木

手相ワークショップの詳細・お申し込み

12月24日、算命学特別講座「1日で10分鑑定ができる天中殺技法」@渋谷

講座の詳細・お申し込み

鑑定をご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク