跡継ぎ運をもつ手相!身内がキーパーソンの運命線

鑑定で「親の跡を継ぐのはどうでしょうか?」と、聞かれることがあります。

手相で跡継ぎ運を見るポイントはいくつかあるのですが、真っ先に見るのは今回紹介する運命線の始点です。

この線があれば、跡継ぎ運としては文句なしで、むしろ跡を継ぐ方が良いともいえるでしょう。

 

運命線の始点が生命線内にある

今回、注目してもらいたい線は、中指に向かって縦に伸びる運命線(赤い線)です。

この線が親指側から出発して、生命線(黒い線)を越えていれば、跡継ぎ運はばっちりです。

手相、運命線の始点が生命線内

生命線で取り囲まれている場所を手相の専門用語では「金星丘」と呼び、ここには親族という意味が隠されています。

そのため、ここから出ている線は、親族と関連するエネルギーが備わることになるのです。

今回の運命線でいえば、運命線が「仕事運」で、生命線内(金星丘)が「親族」。

つまり、仕事運+親族=親族の影響によって運が開かれていく(特に仕事運)、と考えられます。

簡単にいえば、親や兄弟や親戚が運を上げてくれるラッキーパーソンにあたり、困ったことがあれば真っ先に身内に相談すると良いでしょう。

また、日頃から親孝行をしたり、親戚付き合いをしたりして、身内との関係を大切にすることが、結果的に自分自身の運を高めることに繋がります。

 

親の跡を継ぐのも向いている!

親族によって仕事運を高めてもられるということは、家の家業を継ぐことができれば一番の理想です。

もしあなたが長男でなかったとしても、家業を手伝うのは良く、

仮に親が跡を継ぐような仕事でなかったとしても、親の仕事を手伝うor親に仕事を手伝ってもらうなどして、助け合える関係になるのも良いでしょう。

親元を離れて、仕事を共有できる関係になれなかったとしても、親族は運を上げてくれる存在だということを忘れず、疎遠にならないようにだけ心がけてください。

 

親から強く影響を受けて過干渉になることもある!

普通の人よりも親族との縁が強い手相なので、多くは自然と身内との関係が深まる傾向にあります。

ただし、人によってはそれが、良くも悪くも親の影響を強く受けることになり、干渉され過ぎて大変に感じる場合もあります。

また、親によっては縁の強さが過保護のような状態になってしまい、なかなか自立できなくなる恐れもあるでしょう。

その場合は、縁を切るのは良くありませんが、一度親との距離を取ることは必要です。

親は運を上げてくれる存在であり、縁の強い関係ですが、現実ではそれがマイナスに働く場合もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5/23横浜、5/24品川、5/29大宮へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

6/12、算命学ワークショップ「令和×2019年下半期の運勢を占う」@六本木

講座の詳細・お申し込み

鑑定ご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク