手相で判定!結婚線の下がり度合いでわかる離婚度チェック

スポンサーリンク

結婚線が上がると良いパートナーに恵まれ、素敵な結婚線ができる手相として前に紹介しました。⇒『結婚で運気上昇!パートナーに恵まれる結婚線』

今回はそれとは逆の結婚線が下がる場合はどうなるのかについて解説します。

結婚線が下がり始めたらイエローカード

結婚線が上がれば良い結婚になるのなら、結婚線が下がれば悪い結婚になるのではと考えてしまうはずです。「それ実は違います」と言いたいところですが、ほぼほぼ正解です。

ただ、結婚に問題が起きるかどうかは結婚線の下がり度合いで決まるため、場合によっては問題があるほどではなく、結婚生活に少しだけ冷たい風が吹く程度で許容範囲と考えます。

例えば、上の画像のような少しだけ下がっている結婚線であれば全く問題ありません。このレベルの結婚線の人は意外と多く、恋人から家族になった証のような結婚線で「愛情が落ち着いた」と考えることができます。

結婚生活が長くなれば、誰もが最初の頃の燃えるような愛情はなくなり、気持ちは落ち着くものです。それは決して悪いことでもおかしなことでもなく平常なことです。なので、気にする必要はありません。

イエローカードと呼ばれる結婚線は次に紹介する手相です。

感情線て前まで下がっている結婚線は、かなり気持ちが冷めていることを表し、関心がないを通り越して嫌いになる恐れがあります。

まだギリギリのところ踏みとどまっている状態ではあるので、離婚まではいかず結婚生活を続けていくことは可能です。しかし、不倫をして他に相手がいる場合のように離婚を後押しする要因があると、離婚に踏み切る場合もあります。
決して油断はできない状態だと思っておく方が良いでしょう。

結婚線が感情線を越えたらレッドカード

感情線が離婚をするかどうかの境界線と考えてもらうとわかりやすく、感情線を越えるといつ離婚しても不思議ではありません。

愛情は冷め切っていて好きな気持ちはなく、苛立ちや憎しみなど「嫌い」と思う気持ちが芽生えている可能性があります。ここから修復となると二人の間に衝撃走るような出来事が起きて、状況が一変しないことには難しく、結婚生活を続けるにはかなり厳しい状態です。

しかし、一人で暮らしていけるほどの経済力がない、子供がいるなど、離婚を踏み出せないやもえない事情があると、そのまま結婚生活が続いてしまう場合もあります。

まとめると結婚線が下がって感情線に近づけば近づくほど、愛情が冷めていることを表し離婚の危険性も高まります。また、結婚する前から結婚線が下がっている場合は、その様な結婚になりやすいことを教えてくれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク