手相の色でわかる結婚の時期。ピンク色の線は結婚が近い!

スポンサーリンク

2万人以上も鑑定をすると「この人近々結婚するな」と感じる手相に出会うことがあります。

実際そう感じた手相の人で、鑑定の1週間後に「彼からプロポーズを受けました」と連絡をくれた人もいました。

さすがにその時は驚きましたが、改めて手相はスゴイと見直すきっかけにもなりました。

その中でも最も印象深かったのは、TV出演の際にお笑い芸人の北陽の虻川さんを鑑定したのですが、まさに「この人近々結婚するな」の手相をもっていました。

虻川さんは手相を見る数日前に、ちょうど彼氏ができたと報道されたばかりで、結婚の話はまだ出るような状況ではありませんでした。

しかし、結婚線が予測していた通りに、その1年後ぐらいに結婚発表の報道が流れました。

では、どのような手相があれば結婚が近いのか解説しましょう。

 

結婚線がピンク色になったら婚期は近い

一言で説明するならば結婚線が濃くなれば結婚が近いと見ます。

どの線でもそうですが濃い線というのはエネルギーが充満していることを表し、その線の効力を高めてくれると考えられます。

ただ、もっと細かいことをいえば濃くなるだけではなく、「結婚線がピンク色」になった時が本物です。

画像のように実際に結婚線が綺麗にピンク色になるわけではなく、ピンク色のような輝きを放ち色濃くなるという意味だと思ってください。

感覚的なものではあるのですが、数多くの手相を見ているとピンクという言葉が一番しっくりくるから不思議です。

なかなかピンク色という感覚を掴むのは難しいかもしれませんが、色の濃淡であれば見分けることはできるはずです。

まずは、自分自身の結婚線の中で濃い結婚線があるかどうかを確認しましょう。

 

例えば、結婚線が4本あったら明らかに1本だけ濃い線があれば、それは「濃い結婚線」と判断してほぼ間違いないでしょう。

4本全てが濃い結婚線になることは少なく、特筆して1本や2本が濃くなる場合がほとんどです。

「濃い」というだけでも十分に結婚運が強いことを表しています。

濃い結婚線を持っているならば、結婚が近づいている可能性があるので、恋人がいればその相手との結婚を意識してそれとなく探りをいれ、恋人がいなければいつもよりも出会いの場に積極的に参加してみましょう。

 

まとめ

「結婚線がピンク色になる」この表現は結婚をお祝いしているかのようで、手相の中でも好きな逸話です。

結婚線に限らず、何か訴えかけようとしている時は、どの線でも濃くなる傾向にあります。

自分自身の手相の中でどの線が濃いのかがわかれば、あなたの人生のテーマもわかってくるので、人生に行き詰った時はぜひ確認してみましょう。

『手相で最も濃い線がどの線なのかで人生のテーマがわかる』

 

また、結婚線が濃くなる以外にも結婚しやすい線があります。

結婚線が両手をくっつけることで1本になる線、これも結婚率が高く可能性がある線と判断することができます。

こちらも合わせてチェックしておきましょう。

『結婚の可能性大!右手と左手で繋がる結婚線は両思いの証!』

 

これらの結婚線がない人は恋愛運が高まる時期をチェックして、ぞの時期に合わせて集中的に婚活を頑張るのも結婚できる可能性がグッと高くなります。

『モテ期の時期がわかる手相術』

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク