手相とほくろの関係。大きさ・色合い・場所で全てが決まる!

プロの手相家と一般の人たちの間で、最も勘違いされている手相の知識は「ほくろ」ではないでしょうか。

よくあるのは、「手を握って隠れるほくろを持っている人は、お金持ちになれる」という都市伝説的な話があります。

僕も手相家になる前は、「ほくろは良いもの」と信じていました。

しかし、プロの手相家になって、ほくろは決してお金持ちになれるサインでもなければ、決して吉相の印でもないことを知り、驚いたことを覚えています。

手のひらにあるほくろは、百害あって一利なしです。

ただし、間違ってほしくないのは、「ほくろ=悪相」というわけでもありません。

手相がどのような形で、どこに出ているかでその意味合いは変わっていきます。

 

ほくろは「大きさ」「色合い」「場所」が重要

手相でほくろを見る時にポイントになるのが、

ほくろの「大きさ」

ほくろの「色合い」

ほくるの出ている「場所」

この3つによってほくろがどの程度影響を与え、どのような影響をもたらすかを判断することができます。

ほくろがあるからといって、勝手に不安がることなく、どのような意味をもつほくろなのか確認しましょう。

それができれば、ほろくはむしろ見逃せない大事なサインとなり、未然に悪い出来事を防ぐこともできるはずです。

 

1、ほくろの大きさ

ほくろの大きさは簡単です。

ほくろの大きさに比例して、運勢への影響力も大きくなります。

つまり、大きければ大きいほど運勢として何かしらの問題が起きやすくなり、ほくろがマイナスに働いてしまいます。

大きさの基準を説明するのは難しいのですが、よく見ないと分からない程度の大きさであれば、影響は少なく気にする必要はありません。

誰が見てもほくろと認識できる程度の大きさになった時に、影響も大きくなると思ってください。

 

2、ほくろの色合い

ほくろは大きく分けて三段階の色合いを見ることができます。

A、薄茶色のほくろ

この段階では、ほくろが運勢に与える影響力は弱く、ほとんど気にする必要はありません。

ただし、ほくろのスタート段階で出てきたばかりの可能性もあるので、この先、色合いが変わっていくことも考えられます。

そのため、今後どう変化していくのが注意して見守っていく必要はあります。

 

B、茶色のほくろ

ほくろとしては薄茶色よりもレベルアップして、運勢に与える影響力も強まります。

ここまでくると見過ごすことができない色合いにまで成長し、手相のサインとして運勢にどのような影響を与えるか判断しなければいけません。

大きさや出ている場所によっては、ほくろが悪相となることもあるでしょう。

 

C、黒色のほくろ

ほくろの中では運勢に与える影響力は最も強く、気をつけなければいけないレベルの色合いです。

黒色のほくろを持っている人は、出ている場所を見て、どのような影響を与えそうなのかを事前に知っておくと良いでしょう。

それによって、心構えが出来上がり問題が起きても対処できるはずです。

 

3、ほくろの出ている場所

「大きさ」「濃さ」でほくろが運勢に与える影響力がわかります。

「場所」では、ほろくが運勢に対してどのような影響を与えるかを見ることができます。

このほくろの出ている場所は、さらに「丘」と「線上」と「指」に分けることができ、それによっても意味合いが変わります。

 

A、手相の丘に出ているほくろ

手相には8つの丘と呼ばれる部位があり、それぞれの丘には様々な意味をもち、その部位の膨らみなどによっても運勢を読み解くことができます。

例えば、人差し指下の1の丘を「木星丘」と呼び、ここは出世運や仕事運を見ることができます。

膨らんでいれば、出世運や仕事運が強いと判断することができます。

もし、この木星丘にほくろがあれば、木星丘に対してマイナスの影響を与えることになるため、出世運や仕事運に問題が起きることになります。

このように、8つの丘それぞれが持つ運気を弱めてしまうのがほくろです。

一つ一つチェックしてみましょう。

 

1、木星丘

出世運や仕事運の丘です。ほくろがある場合は、仕事でのトラブルが起きたり、出世を妨げられる出来事が起き、周りの人からの妨害にも気をつけなければいけません。

 

2、土星丘

真面目さや研究の丘です。ほくろがある場合は、真面目さを壊され軽率な行動を起こして問題になったり、辛抱強さが欠けてしまったりする恐れがあります。

 

3、太陽丘

人気運や芸術性の丘です。ほくろがある場合は、人気を得られることができず悪い噂がまわったり、バッシングを受けたり、人間関係でのトラブルに注意しましょう。

 

4、水星丘

財運やコミュニケーションの丘です。ほくろがある場合は、金銭トラブルが起きやすくなり、出費がかさんだり、大きくお金が出ていることがあったり、お金遣いも合わせて注意しましょう。

 

5、第一火星丘

闘志や行動力の丘です。ほくろがある場合は、攻撃性が強まり怒りが爆発して問題になることや、異常な行動力で危険な場所に文子ンしまう危険性が出てきます。

 

6、第二火星丘

忍耐や内なる闘志の丘です。ほくろがある場合は、いつもなら耐えられることも我慢が効かなくなって、衝動的に不満を爆発させたり、辞めてしまったりする恐れがあります。

 

7、金星丘

体力や健康の丘です。ほくろがある場合は、健康を害して壊したり、病気にも気をつけなければいけません。健康管理に気を配ることが大切です。

 

8、月丘

援助運や感性の丘です。ほくろがある場合は、人間関係でのトラブルや人に翻弄されて振り回されるなど、人付き合いには細心の注意を払いましょう。

 

B、線上に出ているほくろ

線は細かい線も含めれば色々ありますが、基本線と呼ばれる4つの線上に出ているほくろが特に重要です。

1、知能線(青い線)

知能線は知性や考えるなどの頭脳を表す線です。ほくろがある場合は、それらが乱れるため考えが定まらなかったり、間違った考え方をしたり、一人での即断即決は危険です。また、頭のケガや病気にも気をつけましょう。

 

2、感情線(黄色い線)

感情線は感情や愛情など心を表す線です。ほくろがある場合は、心に乱れが起きやすくなるため、感情が激しく揺れ動いたり、恋愛でのトラブルが起きたりする恐れがあります。また、心臓の病気にも注意しましょう。

 

3、生命線(赤い線)

生命線は健康や体力など体を表す線です。ほくろがある場合は、体に対しての問題が起きやすくなるため、健康を害したり体力が消耗したり、とにかく健康には気をつけなければいけません。

 

4、運命線(黒い線)

運命線は仕事や気力を表す線です。ほくろがある場合は、仕事でのトラブルが起きやすくなるため、仕事は慎重に進めていく必要があります。気力を失くしてモチベーションが急降下することもあるでしょう。

 

C、指のほくろ

指に出るほくろは、掌にないのもあって、つい見逃しがちではありますが、決してあなどることはできません。

僕が実際の鑑定で見てきた感覚としては、指のほくろが最も影響が出やすいようにさえ感じています。

その中でも、一番注意しなければいけないのは薬指のほくろです。

これは「離婚ほくろ」とも呼ばれ、離婚の相の一つです。

大きさや色合いによっても変わりますが、薬指に出た場合はパートナーとの関係を意識して、コミュニケーションを取ることを心がけましょう。

参考:『薬指に出現!離婚ほくろがある手相は要注意!』

 

まとめ

ほくろは神出鬼没で出たり消えたりします。

今、ほくろがある人はある時突然なくなってしまうのは、よくあることです。

反対に急に出てくることもあるので、時々手相をチェックすると良いでしょう。

ほくろにかぎらず、悪い手相のサインというのは「島」「障害線」などいくつかあります。

それらも合わせて、ために手相をチェックして、問題がないか確認するようにしましょう。

参考:『【質問】突然手相にほくろが出てきたのですが大丈夫ですか?』

参考:『悪い手相のサイン』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月18日、DRESS主催手相のワークショップ「手相が読めるようになる!恋愛編」@六本木

講座の詳細・ご予約

10/19品川、10/24大宮、10/25横浜、10/31千葉へ出張鑑定

出張鑑定の詳細・ご予約

鑑定をご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク