年齢によって見方が変わる2つの手相

スポンサーリンク

手相は状況や心境が変わることで変化を起こします。それは見方を変えれば線の「成長」ともいえ、実際に成長を遂げることで線も変わります。

その点から考えると成長期に当たる誕生から20代までは、最も線が変化する時期といえるかもしれません。つまりは年齢によって手相は大きく変化を起こし、年齢の違いで線の見方も変わります。

今回は年齢と手相の関係について解説します。

1、金運の線は若い頃にはない

テレビや雑誌などで手相の解説を目にすることがあるかと思います。その時、10代や20代であれば金運の項目はチェックしないことです。もしチェックをしたとしてもその結果を気にしてはいけません。金運を表す財運線はまだでていないからです。

現実的に考えても10代や20代でお金を手にすることができるのはごくごく少数で、お金がなくて当たり前の時期です。

財運線も現実にリンクするかのようにほとんどの人がまだでてきません。もし将来的にお金を稼げるかを見たいのであれば、財運をチェックするよりも仕事運をチェックする方が良いでしょう。

 

青い線が金運を表す財運線、赤い線が仕事運を表す運命線です。20代までは青い線は見る必要はありません。赤い線の運命線を見て仕事運が良ければ、将来的に財をつかむことができ、おのずと財運線も出てくるはずです。

人によっては若くして財運線が出ている場合はあります。それはあくまでも異例のケースなので、比べて自分が劣っていると決して思わないことです。若い頃はお金よりも力をつけることに尽力注ぎましょう。

 

2、年を取れば取るほど線が増える

 

 

線は成長と共に変化を起こすと同時に新たな線が増えていきます。イメージは樹木の年輪のようなもので、今までの人生が線となって表れ、大げさかもしれませんがその人の人生の縮図が手相に刻まれていると思っています。

それをふまえて考えると子供よりもお年寄りの方が線の量が多く、実際に子供とお年寄りの手相を比べると子供は目立つは4,5本しかなく線自体も薄い場合がほとんどです。お年寄りは全体的に濃い線の割合が多く、細かい線も数多く見られます。

子供の手相の線が少ないことは普通の状態であって気にする必要はありません。しかし、お年寄りで線が少なければ、特異な状態であって注目する必要があります。

一言でいってしまえば線が子供に似ているのですから「子供のような人」です。思考が単純明快であったり、悩むことが少なかったり、何を考えているかがわかりやすかったり、年は取っていても中身は子供のままです。

反対に子供の手相の線に細かい線が多ければ、やはり特異な状態と考えることができ、手相を判断する上で見過ごすことはできません。

お年寄りに線が多い場合は考える力をもち人生経験豊かと判断できます。しかし、子供の場合は繊細で考え過ぎの傾向があると判断しなければいけません。

同じ線でも年齢にあった手相の見方があります。ポイントは同年代の中でよくある手相なのか、それとも見かけることが少ない手相なのか、それを一つの判断基準として考えてもらえれば、年齢による手相の違いを見分けることができるようになるはずです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月20日品川、11月27日大宮、11月30日横浜へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク