手相で1番濃い線がどの線なのかで人生のテーマがわかる!

スポンサーリンク

手相を他人と見比べたことがある人はわかると思いますが、手相の線の濃さは人それぞれ違います。それについては前に詳しく書かせてもらいました。

※手相の線が濃い人と薄い人

 

実は自分自身の手相の中でも濃淡の違いはあり、そこには手相が教えてくれている大事なサインが隠されています。

 

主要四大線をチェック!

 

最も濃い線がわかりやすい人とわかりにくい人がいるので、判断に迷う場合もあるかもしれません。

 

その時の見るポイントとしては、主要四大線と呼ばれる「知能線」「感情線」「生命線」「運命線」からチェックするのが間違いなく、多くはこの中に濃い線があるはずです。

 

それでも判断がつかない場合は、最も濃い線は「最も主張している線」でもあるので、パッと見て目に飛び込んでくる線に注目してみるのも一つ方法です。

 

さらに、大事なこととして最も濃い線は一つの線だけとは限らず、同率1位で複数の濃い線を持っている場合もあります。それらをふまえた上で自分自身の手相の中で最も濃い線を探してみましょう。

 

知能線が最も濃い人

 

手相の中で最も濃い線というのは、自分自身の中で最もエネルギーを持っている線であることを表し、人生のテーマとなりえるものです。そのため、その線を生かした生き方こそが充実感へと繋がり、人生を切り開いていくためには必要不可欠です。

 

知能線が最も濃い人は「知性」のエネルギーが強く、好奇心旺盛に色々なことを勉強したり、探求心をもって深く掘り下げてみたり、頭をフル回転させ学ぶことが大切です。

 

知能線が濃い人が一番多く、ある意味標準的とも言えるかもしれません。ただし、他の渡船と比べて圧倒的に知能線だけが濃ければ、かなり知性に偏っていることを表しているので、その場合は標準からは外れていきます。

 

感情線が最も濃い人


感情線は「感情」を表します。理性よりも感情が勝り、情熱的で喜怒哀楽が激しくなる傾向があります。

 

また、「愛情」も表すためいつまでも恋を求め、恋愛の比重が高くなります。恋愛をしている時の方が調子よく気力も魅力も高まります。

 

生命線が最も濃い人

生命線は「体力」や「健康」を表します。身体能力に優れている可能性が高く、体を使うことが大切です。

 

机に座って勉強するよりも、体験を通して体で覚える方が身になり、目まぐるしい成長が望めます。体力が続く限り動き回って体を使いましょう。

 

運命線が最も濃い人

 

運命線は「仕事」を表します。仕事で大きく成功することが期待でき、仕事に精を出すことで充実した人生を送れます。

 

仕事を楽しく感じることも多く、結婚しても家庭に入るのはあまり向きません。夢や遣り甲斐を持てる仕事をみつけることが大切です。

 

行き詰った時や人生の岐路に立たされた時は、手相が教えてくれている人生のテーマをヒントにすると、将来の道筋が見えてくるかもしれません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク