占いで気づいた!ブラック企業で5年以上働く人の共通点

占い鑑定の中でも「仕事について」は、よく相談される悩みです。

その状況や運勢に応じて、転職をすすめる時もありますし、今の取り組み方を変えていくのをすすめる場合もあります。

その中で問題なのが、「ブラック企業に勤めているのに麻痺している場合です」。

話を聞いていると「どう見てもその会社ブラックだし、未来ないだろう」と感じるのに、相談者はそれに気づかず「転職した方が良いか悩んでいます」みたいなことを聞いてくる人がいます。

その時は、運勢で転職に良い時期を見ながら、迷わず「いつ頃に転職した方いい」と強くプッシュします。

なぜなら、強く言わないとそういう人は辞められず、いつまでもダラダラと続けて後になってさらに苦しむことになるからです。

でもその人たちには、辞められない理由があります。

それは、占い視点で見るとよくわかります。

 

ブラック企業で働き続けてしまう手相

ブラック企業を辞められず、長年働き続けやすい人に多い手相があります。

手相、慎重で忍耐力がある知能線

 

 

知能線(赤い線)が生命線(黒い線)の途中から出ている手相です。

この手相を持っている人は、慎重になり過ぎて行動力に欠けてしまいます。

その代わり、忍耐力に優れ一つの物事を深めていく能力は人一倍です。

この手相タイプの人にブラック企業で働き続けている場合が多く、絶対に辞めた方がいいと思うような会社で働いている人もいました。

それでも麻痺してしまって、「10年働いています」みたいなケースがあるので驚きです。

 

ではなぜ辞められないのか?

多くは行動力や決断力がないパターンです。

でも行動力や決断力がないだけであれば、遅くても3年ぐらいで我慢の限界がきて辞められるのですが、5年以上ブラック企業で働き続ける場合は、そこに「忍耐力」の手相や星をもっているケースがほとんどです。

本来であれば、忍耐力は夢を追い求める場合や専門的に深める場合では、必須な大事なスキルなのですが、ブラック企業で働いている場合は、そのスキルがマイナスに働いて「我慢して続けて辞められなくなる」に変わってしまいます。

先ほど紹介した手相は、まさにその「辞められない」パターンに陥りやすく、働いている期間が長くなればなるほど底なし沼に落ちてしまったかのように、抜け出せなくなります。

 

ブラック企業を辞める方法

長年ブラック企業で働いている人も、「この会社はまずい。このまま居続けるのは良くない」ということに、気づいていないわけではありません。

ただ、居続ける苦しみよりも、変化することへの恐怖心が勝っているだけです。

どんな場所でも、長年いればそれなりに居心地が良くなることもあります。

それに、慎重で忍耐力がある人にとっては、耐えるのはそれほど苦しみにはなりません。

僕の周りにも慎重で忍耐力の強い手相と星を持っている知り合いがいますが、入社した当時は「1年間だけは頑張るけど、1年後には辞める」とキッパリ宣言していましたが、1年も働けば苦しみに馴れてきたのか、その後5年以上続けていました。

 

では長年旗入れいる人がどのようにしてブラック企業から抜け出せば良いのか?

それは「覚悟」と「根性」です。

ええっそれがあればすぐにでも辞めてる!と反論が聞こえてきそうです(笑)

でもこれが本当に最善の方法で、それでなければ会社がつぶれるか、病気になるかしないとなかなか抜け出せません。

鑑定では運気の流れを見て、「辞めやすい時期(決断しやすい時期)」を割り出していきます。

それによって、運気の後押しを受けて、普段なら決断できないことでも決断できる勇気が湧き、思い切って行動を起こせることは良くあります。

また、運気の力を借りることによって、ホワイトな良い会社に転職しやすくもなります。

 

最後にこれだけは覚えておいてください。

慎重で忍耐力が強いタイプは、働く会社さえ間違わなければ、その分野のスペシャリストになって成功する可能性を十分に秘めています。

その可能性は普通の人以上です。

すなわち、「どこで働くか?」これが一番重視すべきポイントです。

ブラック企業で長年勤めて苦しんでいる人は、可能性を秘めていることを信じて、覚悟と根性で思い切って飛び出してバイバイしましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5/23横浜、5/24品川、5/29大宮へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

5/25、算命学講座「四天運と宿命天中殺で知るあなたの才能・適職」@渋谷

講座の詳細・お申し込み

鑑定をご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク