手相の運命線にある四角紋(スクエア)は「一休み」のサイン!

スポンサーリンク

手相をよく見てみると

「あれっ四角形になっている線がある何これ?」

そんなことに気づくかもしれません。

パッと見ているだけでは、この四角形の線に気づかないことがほとんどです。

自分の手相にあるかどうかを見る場合は、四角紋が最も現れやすい運命線をチェックしてみると良いでしょう。

では、運命線にある四角紋はどんな影響を与えるのか、解説していきます。

 

運勢一休みの時期

運命線に出る四角紋は、線と同化して割と大きめです。

運命線の真ん中あたりに出るケースが多いのですが、手首付近に出る人もいれば、指の付け根辺りにでてくることもあるので、運命線をまんべんなくチェックすることが必要です。

運命線の四角紋は、運命線の勢いを止め運勢の活動が一時的に止まることを表しています。

簡単にいってしまえば、前進を阻まれるかのような状態となり、なかなか上手くいかないスランプ期に入ります。

特にそれは仕事関連にでてきやすいので、仕事では慎重に確実に進んでいくことが必要です。

間違ってもチャレンジグな生き方は禁物です。

だからといって、四角紋が出ている時期は「上手くいかない大変な時期なんだ」と思ってしまうと、心が折れてやる気も失われます。

ですので、四角紋は「一休みの時期」と考え、無理することなくのんびりマイペースに過ごすことを心がけると良いでしょう。

どんな運勢の人でも、がむしゃらに走り抜ける時期があれば、力を抜いてホッと一息つく時期もあって、運勢の中に緩急が存在します。

四角紋は、運勢が緩やかになる時期だと思い、緩やかな生き方を心がけましょう。

実際、四角紋の後にも運命線が伸びている場合は、四角紋が終わった後にまた運勢が活発になることを表しています。

運勢の状態を見極めて、それに合った生き方を選択して、運勢と上手に付き合っていきましょう。

 

運命線で時期を判断する方法

手相には流年法と呼ばれる、時期を判断する技法があります。

その技法を使うことで、いつが一休みの時期になるのかがより正確にわかります。

今回は、流年法の大まかな見方について説明しますので、自分の運勢の流れをチェックしておきましょう。

 

流年法の見方は、手首から付け根までを三等分します。

手首から最初の黒い線が初年期(約30歳まで)、最初の黒い線から二番目の黒い線までを中年期(約50歳まで)、二番目の黒い線から指の付けまでが晩年期に分けることができます。

例えば、画像の四角紋であれば、中年期にあたりおおよそ40歳ぐらいと推測できます。

このようにして、運命線の四角紋がある人は、いつか一休みの時期に入るのかチェックしておきましょう。

他にも流年法を使うことで、転機の時期や運気が上がる開運の時期がわかるようになります。

手相が教えてくる人生の転機の数。あなたは波乱型or平穏型

2015.09.11

手相の知る人が知る開運ライン!運命線の枝分かれの線

2016.09.07

 

まとめ

四角紋はスランプの時期と呼ばれ、それだけ聞くととても大変な時期に思えるかもしれませんが、上手にその時期に休養をとって準備期間を思うことができれば、決してマイナスばかりではありません。

運勢が良い時に頑張り、運勢が悪い時に休む、これこそが運勢の帝王学です。

運勢に合わせた人生設計を立ててみましょう。

スランプの手相サインとしては、「島」も見逃せません。

こちらもチェックしておきましょう。

手相実体験レポ!生命線に「島」があると本当に悪いことが起きる?

2015.12.24

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月20日品川、11月27日大宮、11月30日横浜へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク