手相の横線で疲労度をチェック!ストレスレベルはいくつ?

スポンサーリンク

前にうつ病になりやすい手相について書きました。

そのうつ病を患う大きな要因となるのが「ストレス」です。

今の現代ではストレスがかからない生活を送るのはなかなか至難なことで、多少のストレスを誰もが抱えているかと思います。

今回は今どの程度のストレス負荷がかかっているのかがわかる手相を紹介します。ぜひ手相をチェックしてストレスレベルを確認しましょう。

 

生命線を斜めに横切るのはストレス線

ストレス状態にあるかどうかは、生命線を横切る斜めの線が無数に出ているかどうかを確認しましょう。

画像のように無数に生命線を横切る線をストレス線と呼びます。

この線自体は薄い場合が多く、パッと見ただけでは気づかないかもしれません。

ストレス線の長さによってどの程度のストレス状態にいるかがわかり、それによって今すぐ体を休めて生活を見直した方がよいのか、まだ耐えられるレベルでそこまで気にする必要がないのか、対応方法を確認することができます。

ストレスレベルを3段階に分けて解説します。

 

ストレスレベル1:イライラすることはあるがまだ気にならない程度のストレス

ストレス線が知能線(青い線)を越えていなければ、満員電車に乗っている仕事が多少忙しいなど、普通に生活している中で受けるストレスが人よりも多く、イライラすることもあるかもしれません。

しかし、耐えきれないほどのストレスではないので、特別な対処をする必要もなく気にしなくても大丈夫です。

むしろ、ストレスが負荷となって成長を与えてくれる促進剤のような役目を果たしてくれることも考えられます。

全くストレスがなく生きている人よりも、成長できる環境に身を投じて鍛えている途中なんだと思えれば、「ストレスも悪くない」それどころか「ストレスが大切」とさえ思えてくるかもしれません。

ストレスレベル1の人は、ストレスと上手に付き合いストレスを成長のための道具として利用しましょう。

 

ストレスレベル2:イライラをコントロールできないことがあって情緒も不安定

ストレス線が知能線(青い線)を越えている場合は、ストレスの負荷が強く押され気味の状態です。

ストレスからくるイライラも多くなり、コントロールできずに八つ当たり的にイライラをぶつけてしまうこともあるかもしれません。

また、情緒も不安定で感情の起伏が激しくなり、周りとの関係に支障をきたす可能性もでてきます。

このままほったらかしにしておくとさらに心が蝕まれて、うつ病になる危険性も高まります。

ストレスの原因を探り速やかに対処する必要があります。

仕事の繁忙期などでストレスを取り除くのが難しいのであれば、ストレスを軽減させる心が安らぐ癒しを生活の中に取り入れると良いでしょう。

またはスポーツジムで体を動かしたりカラオケに行って大声で叫んだり、ストレス発散になることを取り入れるのでもOKです。

ただし、ヤケ酒ヤケ食いは×。「大丈夫」と過信せずまだ元気なうちに対処することが大切です。

 

ストレスレベル3:うつ病の一歩手前で気分のアップダウンが激しい。今すぐ休養が必要

ストレス線が感情線(緑の線)を越えている場合は、かなりハードなストレス状態にいると推測できます。

心が傷つけられて大きなダメージを受けていると考えられるので、とにかく休養が必要です。

今すぐストレスの元を断ち切って体を休めないとうつ病になりかねません。病気にならないとしても、頭の回転は鈍り判断能力は低下しているので体調が万全の時のような活躍ができず、それがまたストレスに繋がる可能性もあります。

気分のアップダウンも激しいので、日によってテンションが高かったり落ち込んだり安定せず、自分自身も周りにいる人も疲れてしまいます。

色々と不安になるようなことを書きましたが心配する必要はありません。

休養をとればストレスはすぐに取り除かれて体調も回復するので安心してください。

 

まとめ

時間に追われることも多くなかなかストレスがかからない生活を送るのは難しいかもしれません。

なので、自分自身が今どのような状態にあるのかを知ることはとても大切です。

特にストレスのような心の負担は目で見えずわかりにくいものです。だからこそぜひ手相を利用しましょう。

手相での健康チェックは爪でも確認できます!

『手相で健康チェック!爪は健康のバロメーター!』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

限定10名!特別手相メール鑑定受付中

特別手相メール鑑定のご予約

10月26日横浜、10月30日大宮への出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク