【手相都市伝説】豊臣秀吉は刀で運命線を伸ばした?!

スポンサーリンク

歴史に名を残すような人物には、一つや二つ都市伝説的なものがあるものです。手相の世界にも「本当に?!」とツッコミをいれたくなる都市伝説は存在します。その一つが豊臣秀吉の運命線です。

運命線が中指の指先まであった!

運命線とは中指に向かって縦に伸びる線で、主にその人の仕事運を表し、運命線が強く出ている人は仕事で成功を収めるとされています。
運命線は画像のように長い人ばかりでなく、短い線がいくつか出ている人もいますし、ほとんど見当たらない人もいます。
豊臣秀吉はこの運命線を天下を取るために、刀を使って自分で中指の指先まで伸ばしたと言われています。豊臣秀吉の手相と言われている手相の写真がネットで出回っているので、検索していただければ見ることができます。
確かに手首から指の付け根まで伸びている運命線を「天下筋」と呼び、トップに君臨できる運をもっていると判断します。
果たして豊臣秀吉が本当にこの様な異常とも呼べる行動を取ったのか?疑問は残るところです。豊臣秀吉は本当に刀で手相を刻んだのか検証してみたいと思います。

【謎】左手の親指が2本あった説

まず豊臣秀吉の時代に手相はあったのか?文献によると平安時代には易などと一緒に手相も入ってきたとされています。どの様な文献が入ってきたのかはわかりませんが、人相の中の一部として手相が入ってきたと考えられます。

なので、豊臣秀吉が手相の知識があった可能性はゼロではなく、天下筋を知っていた可能性もあったでしょう。歴史の研究家ではないので、この当時どの程度占いが普及し信頼性があったのかはわかりませんが、少なくとも占いが存在したことは確かです。

ちなみに豊臣秀吉が刻んだと言われている運命線のはこんな感じです。

中指の指先まであったとされています。通常は長くても指の付け根までなので、かなり長いことがわかります。

もし、本当に刻んだのならかなり強欲で相当な野心家だったと可能性があります。日本を統一しようと思うのですから、それぐらいの強欲さと野心がなければ無理なのでしょう。

さらに、豊臣秀吉は左手の親指が二本あったともいわれています。前田利家の「国祖遺言」やルイス・フロイスというキリスト教の布教のためにやってきたポルトガル人の「日本史」の中に豊臣秀吉の親指が二本あったという記述があるみたいです。

しかし、これらの文献に書かれていたことがどれだけの信憑性があるかは定かではなく、私怨が含まれていたのではという説もあり、はっきりとはしないみたいです。

もし、本当に左手の親指が二本あったのなら、そこにコンプレックスを感じ手相を刻むにいたったと言うことも考えられますし、普通の人以上に手に興味をもつ気持ちもわかります。

【疑問点】運命線を刻んだのが左手ではなくなぜ右手?

一つ疑問が残るのは、運命線を刻んだのがなぜ右手だったのか?ということです。

前にも記事に書きましたがその昔の東洋手相では、男性は左手を見て、女性は右手を見るのが通説でした。※【手相の疑問ベスト1】右手と左手どっちを見る?

しかし、豊臣秀吉が運命線を刻んだ手は右手です。もし、手相の知識があれば左手に刻むはずで、右手に刻まれたというのはどうも合点がいきません。

考えられるのは、僕が知らないだけでその当時の手相術は右手が主流だったのか?または、ヤブ占い師をつかまされたのか?今でいう若気の至りでタトューを入れる感覚と同じで、勢いで運命線を刻んだのか?謎は深まるばかりです。

【疑問点】そもそも豊臣秀吉の運命線は良相なのか?

そもそもの話になりますがこの運命線が良相なのか?という疑問が残ります。

手相は指にも様々な情報があり、運勢を判断していきます。その時、見るポイントの一つとして「指に傷がないか」を必ずチェックします。傷があればそこは問題が出る箇所と考え、その指のもつ意味や時期と照らし合わせて判断していきます。

豊臣秀吉の手相は運命線の延長の前に、指に傷を作ってしまったと考えなけれいけません。もし、豊臣秀吉が鑑定にお客さんできたら、運命線がどうこうの話はせず、中指の傷を見て、そこから生じる問題についての対策を話すと思います。
例えば、「大器晩成で若い頃は困難も多く我慢が必要になりそうですね」などです。

この運命線が自然発生したものであれば良相と考えるのもわからなくもありませんが、傷によってできたものであれば、通常の手相の考え方で見ると良相とは判断できず、むしろ、凶相です。

豊臣秀吉の手相がどのような手相だったのかは、今の文献だけでは本当のところはわかりりません。だがしかし、時代を越えてこのような都市伝説が囁かれること自体が、豊臣秀吉が偉大な人物であったことのあらわれだと思います。

同じく戦国武将では徳川家康の手相の検証記事もあります。ぜひご覧ください。

『【手相都市伝説】徳川家康は天下取りの相マスカケ線だった?!』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

占い鑑定のご予約はこちら
占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

今だけ限定10名(残り6名)募集!『特別手相メール鑑定』
ご予約・詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク