投資家向きの手相。財運線が薬指側にあるかをチェック!

手相占いでは、性質や才能がわかり、そこから適職も見ることができます。

今回は、「投資家」に向いている手相を紹介します。

お金を使うことに優れていて、金運にも恵まれやすいかがポイントになります。

 

1、薬指側よりの財運線があるか

投資家に向いているかどうかで最初に見るべきポイントは、財運線です。

財運線は、小指の下に出てくる縦線です。

長ければ長いほど、濃ければ濃いほど、金運は強くなります。

投資家を目指す人も長くて濃い方が理想的ではありますが、それ以上に見るべき大切なポイントがあります。

「財運線の出ている位置が薬指側にあるか?」です。

 

上記の画像のように、中央あたりに出る財運線(青い線)薬指側に出る財運線(赤い線)の二つに分類することができます。

中央あたりの財運線(青い線)は、「貯蓄型の財運線」と呼ばれ、貯めることに優れ、確実に一歩ずつ金運を高めていき、それが金運アップの秘訣にもなります。

薬指側にある財運線(赤い線)は、「投資型の財運線」と呼ばれ、お金を使うことに優れ、大胆に使うことで金運を高めていく手相でもあります。

投資家として財を成すためには、薬指側に財運線が出ていることは必須で、このタイプの手相ならむしろ溜め込むのは良くありません。

投資に限らず、お金を使っていくことは大切です。

人によっては、両方の財運線が出ていることもあります。

その場合は貯蓄も投資もどちらの才能にも恵まれていると判断します。

財運線は変わりやすい線でもあるので、投資を実際に始めたり、勉強し始めたりすることで、薬指側の財運線が出てくることも考えられるため、お金への考え方や使い方が変わった時は、ぜひチェックしてみましょう。

参考:『投資家の手相。貯蓄も節約も不向き!お金を使って財をなす!』

参考:『浪費家の手相、財運線の数でわかる!4本以上ある人は要注意』

 

2、感情線が短いか

投資家を目指す上で次に欠かせないのが、感情に流されず冷静にジャッジする「判断力」をもっているかどうかです。

儲かっていても、損を重ねていても、焦ることなく冷静さを保ち続ける必要があります。

それを手相で確認するには、感情線がポイントになります。

 

感情線は短ければ短いほど感情は抑え込まれ、その分、理性が強まり判断能力が高まります。

上記の画像のように、直線的で短い感情線が最も理想的で、この手相ならどんな窮地に立たされても落ち着いて冷静に考えることができます。

また、過去の失敗も引きずらずに切り替えることができるため、投資で大きなミスを犯したとしても、そこでいつまでも落ち込んでクヨクヨすることは少ないでしょう。

参考:『感情線が短い手相はクール。そんな人に必須の3つの恋愛作戦』

 

3、知能線が直線的か

最後のポイントは知能線です。

知能線が直線的であれば、現実的思考が強まり、社会の中で地に足をつけて頑張れる人です。

そのため、ビジネス感覚にも優れ、お金に関わることは全体的に向いています。

もちろん投資家にも向いていて、変な理想や夢に捉われることなく、目の前の現実をしっかり意識することができる手相です。

その変わり、少し冷たさや厳しさが出てしまうこともありますが、投資家としてはそのシビアさが結果への執着となり、確実に成果をあげられることでしょう。

参考:『知能線がまっすぐ長い手相は信頼度No1!責任感ある真面目タイプ』

 

まとめ

投資家向きの手相をまとめると、まずは薬指側の財運線があること。

それにプラスして、感情線が短い、知能線が直線的であればいうことなしです。

これらの線がないからといって、投資家に全く向いていないというわけではありません。

今回紹介した線は、あくまでも投資家の素質がある手相です。

線がない人も投資の方法や努力によって、成功することはあり得ます。

自分の特性を知って、それを生かしていくことが何よりも大切です。

参考:『適職の記事一覧』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月22日横浜、11月26日品川、11月27日大宮へ出張鑑定

出張鑑定の詳細・ご予約

11月21日、DRESS主催手相ワークショップ「手相で仕事適性がわかる!」@六本木

手相ワークショップの詳細・お申し込み

12月24日、算命学特別講座「1日で10分鑑定ができる天中殺技法」@渋谷

講座の詳細・お申し込み

鑑定をご希望の方はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク