結婚線の始点が二股の手相はとても希少!結婚前に困難、結婚後は円満

スポンサーリンク

今回は珍しい手相、結婚線のスタートが枝分かれて1本になる線をを紹介します。

ほとんど見かけることがなく、この手相をもっていたらかなりレアです。

今までに2万人以上鑑定していますが、確か1人か2人ぐらいしか見たことがありません。

もし持っている人がいれば、ぜひ自慢してください(笑)

 

結婚線の始点の二股は「困難」からのスタート!

結婚線で枝分かれの線といえば、終点側が二股に分かれるケースはよくあるのですが、始点側が二股に分かれるケースはほとんどありません。

ちなみに、結婚線の終点が枝分かれする場合は、見た目の通り夫婦の間に距離があることを表しています。

ただし、そのまま「別れ」と判断するのは早計で、あくまでも距離がある関係であって、仲が良いかどうかは別です。

別れずに仲良く入れるかどうかは、枝分かれの度合いによって決まりますし、二人の関係性(共に仕事をしているかどうか、普段はすれ違いの生活を送っているかどうか)によっても変わります。

そのため、一概に二股の結婚線=悪い線とはいえず、離婚になるとも限りません。

むしろ、夫婦円満で仲が良い場合があります。

しかしながら、二股の結婚線が良い線とはいかず、やはり注意しなければいけない線ではあります。

参考:『別れの手相サイン?!枝分かれの結婚線の本当の意味』

 

では、結婚線の始点が二股になっている場合はどうなるのか?

終点の二股は、結婚後に二人の関係に「距離」ができることを表していました。

始点の二股では、終点とは反対に結婚する前のスタートの時点で、二人の間に「距離」ができやすいことを表しています。

例えば、順調に恋人と良い関係を築いていき、いざ結婚へ踏み出そうとすると親からの反対にあったり、突然転勤を言い渡されて遠距離恋愛になったり、結婚に妨害が入ります。

しかし、その妨害に挫けさえしなければ、最後には結ばれて幸せな結婚ができる手相です。

結婚までに何かしらの困難が訪れますが、決して結婚できない手相ではありません。

また、結婚前に起きるトラブルのおかげで、かえって絆が深まることも考えられます。

結婚後の方が、恋人関係の時よりも仲良くいられることがあるでしょう。

 

結婚線の始点が二股に分かれる手相の注意点

ただ一つ「諦めないこと」です。

なぜなら、結婚前の困難さえ乗り越えれば、その後は幸せな結婚生活を送れる可能性をもっているからです。

僕が知っているケースでは、家柄に違いによって親の反対にあってしまい、結婚を一度は断念しようと考えたのですが、やはり諦めきれず時間をかけて親を説得し続けて、最後には親が根負けして、結婚を手にした夫婦を知っています。

結婚前に妨害が起きたら、「試されている」と思って、ぜひ困難に挑み続けましょう。

それが、この結婚線の幸せをつかむ秘訣です。

 

まとめ

結婚線の二股は、始点と終点では大きく意味が変わってきます。

始点であれば、恋人と結ばれることを信じ抜くだけで、何も心配する必要はありません。

終点であれば、パートナーと距離を作ることは必要ではありますが、距離ができすぎることには注意しましょう。

また、大事なこととして、結婚線は手相の中でも変わりやすい線の一つです。

今は悪い結婚線でも良くなることは十分ありますし、反対に良い結婚線の人が悪くなることもあります。

そのことを忘れず、結婚線は細目にチェックしましょう!

参考:『2万人鑑定して思う結婚相手に選ぶべき理想の手相ベスト3』

参考:『2万人の手相を鑑定して思う離婚の確率が高い結婚線ベスト3』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月20日品川、11月27日大宮、11月30日横浜へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク