【占い的書評】お笑いの陰の面を書いた元ハリガネロックの「芸人迷子」が面白すぎる!

スポンサーリンク

10年ぐらい前にNHKで放映されていた爆笑オンエアバトルは、僕も毎週のように見入っていたのを覚えています。

その番組で人気を誇っていた芸人の一組がハリガネロック。

関西ならではの小気味良いテンポで、毒舌をまじえてしゃべり倒していく漫才のスタイルは、圧倒して巻き込むだけの勢いとエネルギーがありました。

個人的には好きなタイプのネタではなかったのですが、あまりにエネルギッシュで存在感があったので、今でもはっきりハリガネロックの存在は覚えています。

そのハリガネロックが、惜しまれながらも2014年に解散をしました。

ユウキロック(ボケの方)が、その解散までのハリガネロックの19年間の葛藤の日々をつづった本。

それが「芸人迷子」です。

 

芸人迷子/ユウキロック

東洋占いでは「陰陽」と呼ばれる思想がベースにあり、「すべての物事は陽と陰が成り立つ」と考えられています。

その考えからすると、お笑いの世界はきらびやかな陽にあたります。

とすれば、必ずどこかに陰が存在しなければいけません。

そのお笑いの世界に存在する「陰」について書いているのが、この芸人迷子なのです。

ハリガネロックを知っている人ならわかると思いますが、彼らは爆笑オンエアバトルで圧倒的な強さを誇り負け知らずで、チャンピオン大会も優勝しました。

さらに、第一回M1グランプリでは惜しくも優勝は逃したものの、準優勝という結果を残し、はたから見れば華やかな芸人生活を送っているように見えていました。

しかし、決して満足いくようなことはなく、いつも憤り、「このままではいけない」という不安を抱えながら、もがく苦しんでいたことが、この本の中では赤裸々に語られています。

 

ユウキロックを算命学の星で見てみると、「闘争」と呼ばれる星に囲まれ、まさに彼らの攻撃的な毒舌漫才と性質がぴったり合っているのです。

さらに、スピード感も大切な星で、ノリに乗ってくると止められなくなる星も持っています。

こういうタイプは、劇場でドカンドカン受け始めたら手が付けられなくなるぐらい、その場の空気をかっさらっていくことができます。

その代わり、感情的でムキにもなりやすく、何か嫌なことがあれば腹の虫がおさらまず漫才の出来にも影響します。

ただ面白いのは、そんな強気な顔をもちながら、とても繊細な一面ももっているのです。

芸人迷子の中でもそんなエピソードが書いてあります。

舞台袖付近だったので小声で合わせたが問題なかった。

相方を見たら緊張の色は見えない。それが一番いいのだ。

相方が緊張しておらず俺が緊張している。この状態が俺たちにとっては最高なのだ。

俺は神経質だから常にこんな感じになる・・・

 

ハリガネロックの運勢

ユウキロックの運勢を見ていくと、ハリガネロックとしてデビューした1995年はあまり良い年ではありません。

それは、ハリガネロックというコンビが平穏ではいられないことを示唆しています。

その後は、良い年も悪い年も様々ありますが、ポイントになるのは36歳以降(2004年以降から運気は下り坂です)です。

ここからが、正念場の苦しい暗闇の時期に入り、ここをどう乗り越えていくか問われることになります。

元々の運勢は人前に出て注目を集めるだけの星はもっているので、芸能界の中でそれなりの可能性ができる運はもっています。

しかしながら、2004年以降は運の助けをなかなか借りられません。

ハリガネロックも2004年以降は大きな結果を残せず、M1も2003年を最後にそれ以降は決勝まで残ることはありませんでした。

2008年以降ユウキロックはハリガネロックに変革をもたらすため、お笑いの世界で成功をつかむため、相方からの呼びかけを待ち、自分から動くことがなくなりました。

その理由は芸人迷子を読んでもらえばわかりますが、相方が自主性をもって立ち上がらなければ、ハリガネロックはもう一つの上のステージに上れないと考えたみたいです。

芸人迷子の中でも、相方の思いは再三語られていて、ユウキロックは最後まで相方がどう思っていたのかの本音がわからず、相方との関係性が解散の引き金にもなっています。

ちなみにハリガネロックの二人の相性は悪くありません。

ユウキロックにとって、相方は運勢を上げてくれる存在で、むしろプラスの相手です。

この相方だから、ここまでの結果を残せたともいえるでしょう。これが運勢の面白いところです。

会社で存在感もなく役にも立たない、そんな人が実は会社にとってはプラスの存在になっていることが、運勢の世界ではあるのです。

 

まとめ

芸人迷子は、相方との関係性、賞レースへの思い、他の芸人への嫉妬など、お笑い芸人が抱える様々な苦しみを痛いぐらいにこれでもかこれでもかと赤裸々に語ってくれています。

お笑い好きの人はもちろん、占いを勉強中の人も星と照らし合わせると参考になると思います。

ぜひ、お笑いの陰の面を覗いてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月27日横浜・6月29日大宮で出張鑑定!ご予約受付中

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク