【現実編】占い師的物件探しの極意!複数の賃貸サイトを見比べることがスタート!

スポンサーリンク

21歳から一人暮らしを始めて、それ以来様々な場所で暮らしてきました。

おかげで、物件探しのスキルはかなりレベルが上がり、アドバイスを求められることも増えました。

今回は物件探しで覚えておいてほしいポイントを現実面から紹介します。

運勢面での物件探しのポイントは、こちらの記事をご覧ください。

【運勢編】占い師的物件探しの極意!ポイントは「吉方位・土地・間取り」の3つ

2016.11.15

 

家探しはネットでスタート!

主要駅になるとCMで見かける有名な不動産屋がいくつかあるものです。

ついどこかの不動産屋に入って、物件探しをスタートする人も多いかと思いますが、その方法はあまりおすすめできません。

まずはネットで物件を見て目星をつけ、それから不動産屋に行く方が良いでしょう。

なぜならネットで物件を探すことで、その地域の家賃の相場観がわかるからです。

 

不動産屋に行くと、最初に条件を聞かれます。

「家賃」「間取り」「築年数」「駅からの距離」「家の設備」などなど。

その時に、家賃の相場観を知らずに不動産屋に行くと、提示された物件の値段が高いのか安いのかがわからず、相手のいいなりになることもあれば、相場にあった良い物件を紹介してくれているのに疑いをもってしまうこともあるでしょう。

また、相場観がわかることで、考えていた予算でどのレベルの物件を借りられるかもわかりますし、不動産屋に行った時も大きなズレがなく話がスムーズに進みます。

それに不動産屋に時間を作ってわざわざ行くのは大変ですが、ネットであれば日々の生活の中で時間が空いた時に気軽に探すことができます。

 

ちなみに僕が本格的に物件を探す時は、

1、ネットで希望の物件条件を登録しておいて毎日一度は物件をチェックする

2、良い物件が見つかったら問い合わせをして、内見の予約を入れる

3、不動産屋に行き内見をして、その際に良い物件があれば他の物件も紹介してもらおう

 

この順番で行っています。

不動産屋に行くのは、ほとんどが内見目的で物件探しだけではいきません。

ただ、不動産屋に行ったらプロの目から見た良い物件を必ず紹介してもらいます。

どうしてもネットだけではわからない情報もあるので、不動産屋さんの話を聞くのはとても大切です。

例えば、築年数は古いけどリフォームの予定が入っててキレイになるとか、ファミリー連れが多く住んでいるとか、「聞いておいて良かった」と思える情報をゲットできることもあります。

実際にあったケースでは、候補に入っていたマンションの隣の家で自殺があったということを教えてもらったこともありました。(調べてみたら本当でした)

そのマンション自体には問題がないので、その不動産屋さんの方が教えてくれなければ、知らずに借りていた可能性もあります。

 

ネットでの物件探しはどこのサイトで探してもさほど差はありません。

前に不動産屋さんが言っていたのは、SUUMOは物件情報が掲載されるのが一番早いとはいっていました。

ちなみに僕は複数のサイトを使って探します。

その中でおすすめなのはdoor賃貸です。

こちらのサイトから問い合わせて部屋を決めると、キャッシュバッグが最大5万円もらえます。

他のサイトで物件を決めても、特典がつくことはほとんどないので、こちらのサイトも利用してみてください。

 

家探しでの注意点!物件には専任媒介と一般媒介がある

物件探しの際に複数の不動産屋に行くと、「この物件、前の不動産屋でも紹介された」というケースがあるかと思います。

不動産屋さんだけが見える物件サイトがあって、そこに掲載されている物件であれば、どの不動産屋でも紹介できるからです。

これらの物件を一般媒介と呼びます。

 

しかし、物件のなかには一社独占で特定の不動産屋でしか紹介できない物件もあります。

例えば、エイブルは独占物件をたくさんもち、他の不動産屋では紹介できない物件を所有しています。

これらの物件を専任媒介と呼びます。

 

この一般媒介と専任媒介の違いを理解しておくことはとても大切です。

というのも、ネットで物件探しをスタートした時に、一般媒介の物件であれば、いくつかのサイトを見回っていれば見つけることができます。

しかしながら、専任媒介の物件になると自社サイトのみに掲載していて、SUUMOのような大手のサイトに掲載しない場合があるからです。

特に地元密着の不動産屋になると、専任物件を扱っている率は高くなり、実際に不動産屋に足を運ばないと見つけられないケースは何度かありました。

また、専任媒介は一社独占で契約を結んでいるため、他の不動産屋では紹介することができません。

それを知らずに専任ではない不動産屋に「(専任媒介の)この物件はありますか?」と聞いたことがあります。

不動産屋の返答は、「その物件は決まってしまいました」と言われ、他の物件をすすめられました。

なんとなく怪しいと感じたので調べてみたら、専任媒介というシステムがあることを知り、専任の不動産屋に尋ねたら、見事にその物件はまだ残っていました。

このようなことにならないよう、物件の紹介には専任という方法があることを覚えておきましょう。

 

まとめ

僕がおすすめする物件探しの順番をまとめておきます。

1、総合賃貸サイトを使って調べて相場観を調べる※おすすめはSUUMOdoor賃貸

2、ほとんどのサイトで物件探しの条件を保存できるので、良い物件がでるまで毎日一度は覗いてみる

3、不動産屋の自社サイトものぞいて専任媒介の物件を探してみる

4、良い物件が見つかったら、不動産屋に問い合わせして内見を予約する

5、内見の際に他の物件も紹介してもらう

 

このサイクルを気に入る物件が見つかるまで繰り返します。

それから物件をネットで探す時は、条件を絞り過ぎず広めに探すのがポイントです。

例えば、2DK以上が良いと思ったら、2Kや1LDKもチェックして調べましょう。

2Kと思ったら意外とダイニングが広くて、2DKとして使える物件があったりもします。

今回の現実面に合わせて、運勢面での物件探しの方法も確認して、最高に住み心地の良い物件を見つけましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

占い鑑定のご予約はこちら
占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

今だけ限定10名(残り6名)募集!『特別手相メール鑑定』
ご予約・詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク