東洋占星術の今週の運勢(10月10日~10月16日)

スポンサーリンク

東洋占星術の今週の運勢(10月10日~10月16日)

・1月生まれ

もっともっとと欲深くなることがありそうです。そんな欲深い自分と出会ったとしても、嫌悪する必要はありません。むしろ、その欲深さに忠実になって、「もっと頑張ろう」と思えれば最高です。ただし、人から奪ったり、騙したりするのは絶対に×。略奪愛も禁止です。好きな人に恋人がいたら、ひとまず諦めましょう。

 

・2月生まれ

「わかる」の一言で周りのハートをつかみ取れる時です。共感力が抜群で、相手の言葉に同意してあげるリアクション一つで、心が通じ合えます。共感できるところをどんどん探しましょう。見つけたらすかさず「わかる」。「違う」と感じる共感できないところがあっても、目をつぶって心の奥にしまっておきましょう。

 

・3月生まれ

ロボット歩きで右手右足を同時に出すぐらい、注目や期待されると緊張してしまいそうす。全く期待もされず、注目されることがなければ、持っている能力をフルに発揮できることでしょう。今週はズバリ「誰にも気づかれずこっそり生きる」これで決まり。謙遜に謙遜を重ね、地味に生きることを心がけてみてください。

 

・4月生まれ

「あれは好きだけどこれは嫌い」とはっきりして、「好きなことしかやりたくない」そんなわがまま放題に振る舞いたくなりそうです。でも今週はそれでOKです。わがままさは「こだわり」となって、あなたの主張であり個性となってくれます。自分の気持ちに素直になってみましょう。

 

・5月生まれ

今週は三段飛ばしを狙ってみても良いかもしれません。一段飛ばしでヒョイヒョイト上ることは、少し頑張れば誰にでもできることです。二段飛ばしもまだ「やればできる」の範囲でしょう。しかし、三段飛ばしとなるとチャレンジする前に諦めたくなる難易度です。でも、今週はできます。できるかどうか考えずに、ぜひチャレンジしてみてください。

 

・6月生まれ

意見をした時に「そんなの机上の空論だよ」と反論を受けて、イラッとしたことがあるかもしれません。でも今週は、その机上の空論に陥りやすい時です。考え過ぎるぐらい考えて、けれどもそれは現実的にはどうなの?ということが多くなりそう。考えるよりも動いて味わった実体験を大切にしましょう。そこに答えが詰まっている時です。

 

・7月生まれ

攻撃されることがあるかもしれません。そこで「やってやる」で反撃に転じれば、ことが大きくなって大騒動へと発展しかねません。今週は、一方的な攻撃を受けたとしても、カメでいることを選んで、とことん耐え抜きましょう。聞く耳をもたず、聞き流すことができる達観レベルにまで到達できれば、怖いものなし。

 

・8月生まれ

用意周到に進めてきたことであれば失敗はありません。でも、思いつきで始めたことはだいぶ危険です。今週は、不安定に吊り橋を渡るかのように状態で、とにかく慎重さと確実さが必要になる時です。「背伸びをしない」を肝に銘じて、身の丈に合った生き方を心がけましょう。

 

・9月生まれ

「調子はどう?」と聞かれたら、「絶好調です!」と答えられるぐらい、良い状態を保つことができそうです。今週の「良い状態」というのは、まず落ち込むことがなく明るくいられること。それに合わせて、周りから嬉しくなるような言葉をかけられこともありそうです。そして、人によっては臨時収入的な目に見えて良いことが起きる場合もあるでしょう。

 

・10月生まれ

調子が上がらない人は、自分ルールを作ってみると良いかもしれません。今週はルールを頑なに守ろうとする時です。自由よりは、ルールに縛られているぐらいの方が安心するかもしれません。TODOリストのように「今日やること」を作って、それをこなしていくやり方があっています。

 

・11月生まれ

素直に感謝の気持ちを抱ける時です。ちょっと優しくされただけでも、「ありがたいな」と思う気持ちが湧いてきて、自然と感謝の気持ちを伝えている自分に出会えることでしょう。灯台下暗しで近すぎて気づけなかった相手への感謝も、今ならできそうです。恥ずかしからずに「ありがとう」と伝えてみましょう。何かが変わるはず!

 

・12月生まれ

占いの教えの中に「陰極まって陽になる」という言葉があります。これは、夜更けを迎えれば後は明るくなるだけのように、どん底まで落ちれば運勢は上がっていきます。今週は、深海に潜るかのように深く落ち込むことがあるかもしれません。その時は、変にごまかさずとことん落ち込みましょう。そしたら、元気になれる嬉しいニュースが舞い込んでくることでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク