占いの鑑定に来る親の悩みを知っていますか?それは子供のことです

スポンサーリンク

僕の鑑定にくるお客さんは20代~40代までが多い。

しかし、時々、親世代の50代~60代の方も来ることがあります。

そこで必ずといっていいほど聞いてくることが「子供」のことです。

「子供は結婚できますか?」

「子供夫婦は上手くいきますか?」

よく「親にとって子供はいつまでも子供のまま」という話をきくが、占い師になってそれを実感するようになりました。

世間では大人といわれる年齢になったとしても、親からすると小さい子供のままで、心配がつきないものなんだなと感じます。

親の心配事の中でも、特に多いのが結婚のこと。

年頃の子供がいる人は必ずといっていいほど結婚ができるかどうか心配をしているケースが多い。

だからといって、「いつ結婚するの?」なんて聞いた日には、子供から「うるさい」と言われ、険悪な雰囲気になりかねません。

それが嫌で占い師に聞きに来る人もいるのだろうと思う。

そんな相談を受けているうちに思うようになったことが一つ。

「結婚は自分のためだけではなく親のために」

そういう結婚も悪くないのかもしれない。

それは政略結婚とかではなく、親に喜んでもらうための結婚。

親は子供の幸せな暮らしを誰よりも望み、その姿を見せてあげることが一番の親孝行なのだから。

自分のことよりも子供のこと。

そういう悩みを得た時に「親」になったといえるのかもしれません。

 

好きな人と結婚するからといって幸せとは限らない

占いで結婚運を見ていくと、大きく分けると愛情メインと条件メインのタイプに分けることができます。

「愛情があればどんな困難も乗り越えていける」

このタイプは、好きな気持ちが湧かなければ、結婚には踏み出しません。

例え、それで年を取ったとしてもしょうがないと割り切るしかないぐらい、愛情に対して純粋です。

その代わり、好きな人さえ見つかれば、結婚までは早く、スピード婚になりやすいのはこのタイプです。

 

この愛情タイプの反対にあるのが、条件タイプです。

愛情はもちろんあった方がいいですし、好きになる人を捜し求めはするのですが、それ以上に仕事の安定やお金の懐具合が結婚を後押しすることがあるタイプです。

また、そういう条件を優先する方が、多幸感の強い結婚になりやすくもあります。

 

それから愛情といっても、ワクワクドキドキの高揚感だけでなく、ホッとするの安心感が、結婚においては理想の愛情の形という人もいます。

なかなか結婚に結びつかなに人は、自分にとっての愛情の形が何かをもう一度考えてみてください。

 

下記の記事もぜひ参考にしてください。

結婚線、右手は「愛す人の数」左手は「愛される人の数」

2015.06.02

手相でわかる恋愛欲求4つのタイプ。求めるのは「心or体」

2015.06.04

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月25日高崎、7月28日藤沢で出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク