今月の運勢が良い手相(2016年9月の運勢)

スポンサーリンク

9月は暦の上では秋の真っ盛り。これからさらに陰の気が強くなり、冬へと近づいていくところです。

 

今月の運勢のポイントは「繊細かつ大胆」

揺らめくロウソクのような繊細さを持ちつつも、キャンプファイヤーのような大火として燃え上がる力強さも同時にもつのが今月の運勢です。

それは、落ち着きがなく不安定でありつつ、定まらない時でもあります。

そのため、今月何かを決断しなければいけない場合は、心の葛藤が起きやすく、迷いが生まれるものと覚悟しておくと良いでしょう。

ただし、その繊細さと大胆さを上手にコントロールして、自分の中で矛盾がなくなれば、二つの顔をもつことができ、その二面性によって魅惑的な雰囲気も手にすることができます。

ぜひ、元から繊細さを持っている人は、大胆さを意識すると良いですし、大胆さを持ち合わせている人は、繊細さを意識してみてください。

 

「繊細」と「大胆」を表す線があれば運気好調の手相!

今月は繊細と大胆が大きな運勢のテーマです。

相反するテーマでありながら、これを上手に融合させることができると9月はとても良い月になることでしょう。

では、この二つのテーマを手相で表すとどのような線になるのか。

下記の画像が9月の手相になります。

 

2016年9月の手相

 

1、感情線が乱れている人は繊細で感受性大!(赤い線)

感情線は心の動きを表す線です。

この線が乱れていれば、心が乱れやすいことを表し、繊細さが強まります。

どうしても人の目を気にしてしまったり、失敗をクヨクヨといつまでも引きずったり、人間関係での悩みを抱えやすく過去に捉われやすくなります。

その代わり、感受性は強く、それが相手を見抜く鋭い観察眼となって洞察力を高めてくれます。

さらに、クリエイティブ力や芸術力へとも繋がり、斬新な発想が湧き起こることもあるでしょう。

今月はその繊細さがプラスに働きます。

相手の気持ちが手に取るようにわかったり、面白いアイデアが湧いてきたり、感受性を思う存分生かすことができる時です。

また、相手の気持ちになって物事を考えてあげられる優しさも身につきそうです。

そのおかげで、溺愛するぐらいにとても好いてくれる人も現れやすくなります。

 

2、知能線が始点が生命線から離れている人は行動力抜群!(青い線)

知能線の始点が生命線から離れれば離れるほど、大胆で行動力がある人です。

じっとしていることができず、常に忙しく動き回っていることが多く、活発な印象を与えます。

また、動くことによって調子も良くなるので、仕事も動きのある職業の方が良いでしょう。

ただ、時に大胆さが無謀さとなって、周りの意見を聞かずに暴走する危険性も秘めてはいます。

今月はその大胆さが良い方へと転がり、思い切ってやってみたことが上手くいく時です。

また、その大胆さに共鳴してくれる人も現れやすく、援護射撃のように応援してもらえることもあるでしょう。

ぜひ、今月は自信をもって恐れずに大胆に攻めて行きましょう。

参考:『知能線の始点が生命線から離れている手相は旅に出るべし!』

 

まとめ

今回紹介した二つの線をもっていれば、今月はベストの手相をもち運勢も好調です。

仮に1本しかない人も、完璧ではないにしろ運気が好調であることは変わりません。

さらに、足りない方の線を意識して過ごすようにすれば、よりベストの手相へと近づき、運気もより一段と良くなっていきます。

二つの線ともにないという人も、ぜひ「繊細」と「大胆」を意識して過ごしてみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月28日横浜、9月29日大宮へ出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク