東洋占星術の今週の運勢(8月15日~8月21日)

スポンサーリンク

東洋占星術の今週の運勢(8月15日~8月21日)

・1月生まれ

準備万端で気持ちは充実していて、何かを始めるには最適な時です。また、「始めたい」と思う気持ちも強くなり、自然と外に気持ちが向いて、色々なことに関心をもてるようになりそうです。勉強や技術的なことのように、時間をかけて取り組んでいくことを始めるのには最も理想的。

 

・2月生まれ

失敗しないように何度も見直したり、練習を積み重ねたりした時の方が不思議とミスが増えます。でも、何も考えず準備もせずで、行き当たりばったりでやった観たことの方が上手くいきやすい。結果、「考えてもしょうがない」そう思えたら今週は万事OK。変に悩むよりも始めてましょう。

 

・3月生まれ

宇宙空間にある無数の星で、僕らが見えているのは輝いているものだけです。ましてやネオンに彩られた都会にいると、選りすぐりの輝きある星しかみつけることができません。今週はその選りすぐりの星のように、強烈な輝きを発することができる時です。視線が集まりやすく、引き寄せる引力はいつも以上です。人が集まる場所は、ある意味ラッキースポットといえるかも。

 

・4月生まれ

人の顔色をうかがうのが得意です。それは、顔色を見て気遣って悩むようなことではなく、顔色から「相手を見抜ける」に近いかもしれません。まずは、顔色を探ることから始めましょう。「そんなの苦手」という人も、じーっと相手の顔を見ていると、ふと浮かんでくることがあるはず。表情も含めて人の顔に興味をもってみましょう。

 

・5月生まれ

夏の暑さに負けてしまったかのように、とろけてしまいそうです。そんな時は、覇気は湧かず。「しょうがない」が口癖になり、起こされなければいつまで寝ていられるぐらい、ダラダラと過ごしたくなります。そこで無理して「頑張れ」と奮い立たせようとするのは×。今はそんなダラダラモードがみんなの癒しになって、好感をもたれることになるでしょう。

 

・6月生まれ

肩ひじ張っていた自分に気づくことがありそうです。「良く見られたい」そう思う気持ちは、誰しもがもつものではありますが、「良く見られても意味がない」と、思う人はそこまでいないはずです。そんな冷めた視点が気持ちを楽にして、心も軽くなれそうです。「人の目を気にしない」と、思えるようになるかもしれません。

 

・7月生まれ

目をつけられる時です。それは悪いことでも良いことでもなく、「あの人はどんな人なんだろう」と興味をもってくれる人が現れやすいだけです。知らぬ間にロックオン状態になっていることもあるかもしれません。今週は、「見ている人がいる」そう思って、一挙手一投足大切にしましょう。興味が好意に変わることがあるかも。

 

・8月生まれ

「考え過ぎると悩みになる」みたいなことを聞いたことがあるかもしれません。今週に限っては、その言葉を「考え過ぎると悩みがなくなる」に変更しましょう。とことんまで「考え抜く」ことができるおかげで、悩みの答えも見つけられるはずです。今は「考える」ことを大切にして、考える時間を作ってみても良いかも。

 

・9月生まれ

今週を一言で表すなら「大喜利みたいな一週間」。何かのお題を出されて、面白い答えを出した人が称賛されるのが大喜利。それと同じく、斬新な発想や奇天烈な発言ができると、周りからグッと関心をもってもらえます。また、今週のあなたは、そういう「人とはちょっと違う」を、ナチュラルにできる時です。ちまたでは、それを「天然」と呼ぶらしいので、念のためいじられることも覚悟しておきましょう。

 

・10月生まれ

人と違うことをやるよりも人と同じことをやってみましょう。「人と同じ」は「自分がない」みたいに言われ、悪いイメージがあるかもしれません。しかし、今は人の後をついていけば失敗はありません。上手くいけば大成功の可能性も。というのも、人の運がとても良いからです。寄ってくる人、寄っていきたいと思う人、それにほぼ間違いはないでしょう。

 

・11月生まれ

転ばないように注意が必要な時です。よく絶好調でルンルン気分でいると、「油断禁物」の言葉が浮かんでくるものです。今週は、ルンルン気分でなくても、「油断禁物」を頭に浮かべておきましょう。慎重に確実に細心の注意を払って進む必要があります。時間に追われている時や急ぎの仕事は特に注意しましょう。

 

・12月生まれ

「○○になる!」のように、何かを宣言することが大切な時です。「退路を断つ」ことが今は必要で、それができると途端に覚悟が決まって頑張れます。口頭でもSNSでも宣言する方法は何でもOK。ただし、あまり大きな目標よりは、実現可能な小さな目標を宣言するのがポイント。

スポンサーリンク
スポンサーリンク