今月の運勢が良い手相(2016年6月の運勢)

スポンサーリンク

6月は暦の上では真夏。最も陽の気が強まり陽の状態が頂点に達します。熱く燃え上がる時期です。ただし、今月を境に陽から陰へと気が流れていくことにもなります。

 

今月の運勢のポイントは「人助け」

 

今月の運勢は爽やかに太陽が照り付ける中で樹木がすくすく育っていくような伸びやかな状態です。それはとても勢いがあり、健やかともいえるでしょう。

 

また同時に元気よく伸び上がっている樹木は、魅力に溢れ人の目を引き注目を集める存在にもなることができます。

 

それは「色気」として異性を引き付ける魅力として表出されたり、「個性」として他とは違う存在感をかもし出したり、魅力はあらゆるところで影響を与えていきます。

 

また、純粋で愛情が強く「人助け」という気持ちが湧きやすくもあります。

 

人助けに関わっていくことは運勢にとってもとてもよく、元々仕事などで人助け要素をもったものに従事ている人は運を味方につけることができるはずです。

 

「面倒見の良さ」と「脚光を浴びる」この二つの線を持っている人にはチャンスあり!

 

相手を思いやる気持ちに合わせてその気持ちを行動に移す、「面倒見の良さ」をもっていることが何よりも大切です。

 

それが人助けとなって運気を上げるために最も重要ポイントです。

 

さらに、「脚光を浴びて」人からの注目を集めることができる線をもっていれば言うことなしです。

 

人に見られることで運気は上がり、本人のモチベーションもぐんぐん上がっていきます。

 

この二つを手相で表すと画像のような線になります。

 

2016年6月の運勢

 

1、感情線の先端が枝分かれしている手相は面倒見の良さ抜群!(赤い線)

 

感情線の先端がいくつか枝分かれしている人は(3本以上が理想)、周りを気遣い愛情を振りまくことができる人です。

 

頼られると弱く困っている人を見ると、手を差し伸べずにはいられなくなる優しさをもっています。

 

ただ、時にその手を貸してあげる性質がお節介と思われることもあるので、手を出し過ぎてしまうことには気を付けましょう。

 

しかしながら、今月はお節介と思われる心配をする必要はありません。

 

手を差し伸べて助け上げることを喜んでもらえ、その面倒見の良い性質が吉を運んできてくれます

 

今は「自分のことよりも人のこと」そういう気持ちをもって、奉仕精神で人のためになることなら何でもやってあげましょう。

 

人からの感謝の量だけ運気も上がり、いずれ大きな恩恵も返ってくるはずです。

 

2、薬指の下にある太陽線がある人は人気爆発!(青い線)

 

薬指の縦線を太陽線と呼びます。この線がある人は人間関係に恵まれ人気を集めることができます。

 

人からの応援や助けによって成功を手にして、人に好感を持たれやすい手相です。

 

今月はその人気運がさらに爆発して、大躍進が期待できる時です。

 

また、同時に脚光を浴びることとなって、自然と人の目のつくポジションへと駆り出さることもあるでしょう。

 

今なら自ら意識的に表舞台に飛び出すのも良く、変にカッコつけずに自分をさらけ出してみてください。

 

そのありのままの自己表現が「個性」となり、周りからも高評価を得て、より一段と人気を集めることとなります。

 

今は謙虚に控え目でいる必要はありません。自分はスターダムの階段を上っていると思って、厚かましいぐらいにアピールしていきましょう。

太陽線の参考記事:『太陽線は人気A級。3つのポイントで人気S級の手相に!』

 

まとめ

 

前述したように今月の大きなテーマは「人助け」です。

 

今月の手相として紹介した二つの線がない人は、まずこのテーマを意識してみてください。

 

それだけでも今月の運気を味方につけることができ、充実した満足いく1ヶ月を送ることができるはずです。

 

また、「今月の手相」を持っている人は今月のラッキーパーソンともいえるので、ぜひ探してできるだけ側にいて運気を分けてもらいましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

占い鑑定のご予約はこちら
占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

今だけ限定10名(残り6名)募集!『特別手相メール鑑定』
ご予約・詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク