運勢においては意外と大事!実家暮らし?一人暮らし?

スポンサーリンク
鑑定の時に必ず聞くことがあります。

 

「実家暮らしですか?一人暮らしですか?」

 

たわいもない質問のように思えるかもしれませんが、運勢を考える上ではあなどれない意外と大事なポイントです。

 

極端なことをいうなら、実家なのか一人暮らしなのかによって運の善し悪しに大きな影響を与え、それだけで人生が変わることがあるぐらいです。

 

一人暮らし向きの人で実家暮らし中の人は注意!

 

まず間違ってほしくないのは、どちらかに優越があるわけではありません。

 

実家暮らしでもOKな人もいれば、一人暮らしをしたら運気が上がる人もいます。みんなに当てはまるものではなく人それぞれ違います。

 

もう少し詳しく解説すると、星を出してそれぞれの宿命を見た時に「親との縁が強いor弱い」といったことがわかります。

 

親との縁が強ければ親の援助を受けられ、親からの後押しによって運気も上がっていくので、実家暮らし向きです。

 

でも、このタイプが一人暮らしをしたからといって悪いわけではありません。親との関係を大切にして困った時は相談すると良いでしょう。

 

親の縁が弱ければ親の援助を受けられず、自力で人生を切り開く自立心が求められます。

 

もし親との縁が弱いタイプで親の援助を受けると、宿命とは違った道を進んでいるとなってしまい、そこにひずみが生まれ何かしら問題が噴出し始めます。

 

実家暮らしだと援助を受けていると考えるので、自活必須の一人暮らし向きといえます。

 

環境によって運気改善!

 

実家暮らしタイプの人は、親元で暮らせば親の助けを受けられ運気も上がることでしょう。だからといって、一人暮らしをしたことでマイナスになるわけではありません。

 

しかし、一人暮らしタイプは親元で暮らすとマイナスの影響を受けてしまい、何かしら問題が起きる恐れがあります。

 

例えば、マイナスのエネルギーが異性運に影響し、いい出会いに恵まれなかったり、変な異性とばかり出会ったり、恋愛や結婚で悩みを抱えるケースが一つ。

 

または、仕事運に影響して職場での人間関係のトラブルや、仕事運が伸び切らず不満が募らせることもあります。

 

実際、一人暮らしをすることで出会いの問題が解決して、結婚に結びつく良い出会いに恵まれたケースもありました。

 

生命線が小指側に流れる手相は一人暮らし向き!

 

実家暮らし向きなのか、一人暮らし向きなのかは生年月日を使う命術の占いであれば一目瞭然です。

 

しかしながら、自力で判断するのは難しく、鑑定に来ていただくか、命術を使える占い師にチェックしてもらうと良いでしょう。

 

命術ほどはっきりと「一人暮らしをした方がいい!」とはいえませんが、手相でも一人暮らし向きと判断できる線があります。

 

 

画像のように生命線が小指側に流れている線です。

 

この線は別名「放浪線」とも呼ばれ、住居が安定せず転居を繰り返す遊牧民的な生き方になりやすい運勢をもっています。

 

また、故郷から離れていくことで運気も上がり、人生が広がりスケールの大きい生き方ができるようになります。

 

この線があれば実家で留まることなく、海外も視野に入れて故郷を飛び立つ方が良いでしょう。

参考:『生命線が小指側に伸びる手相は遊牧民タイプ!海外もOK』

 

まとめ

 

運勢は合った環境にいることで輝き始め、無理なく稼働していきます。

 

合っていない環境にいる間は、不自然さが生まれ運勢も滞りがちです。

 

もし、変な異性とばかり出会う、職場の同僚とトラブルになりやすい、と感じることが多くて実家暮らしの人は、もしかしたら一人暮らし向きの人かもしれません。

 

ぜひ自分に合った環境を知って、運勢を最大限に生かせる環境作りを始めてみましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

占い鑑定のご予約はこちら
占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

今だけ限定10名(残り6名)募集!『特別手相メール鑑定』
ご予約・詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク