手相で見る秘密の金運ポイント教えます。ヒントは「小指」

スポンサーリンク
今までこちらのブログで財運をチェックする方法をいくつか書いてきました。その中で最も王道なチェック方法は、財運線と呼ばれる小指の下にある線があるかどうかを確認することです。

参考:「手相で財運チェック!あなたの財運線のレベルはいくつ?」

ただし、財運線があったからといって線の形や濃さによっては、一概に財運があるとはいえずただの散財線の場合もあります。

参考:「浪費家の手相、財運線が複数ある人は要注意!」

今回はプロの手相家っぽく、ちょっと手相をかじった程度ではわからない財運の見方について説明します。

 

小指には財運が隠されている!

 

冒頭で説明したように手相を見る場合、多くは手のひらにある線を見て結婚運や仕事運や財運があるかどうかを確認するかと思います。

しかし実は、手のひらの線以外にも運勢の情報がつまっている箇所はいくつもあります。その一つが指です。

財運を見る場合でも指での確認は有効です。どの指を見るかといえば「小指」です。それぞれの指には色々な意味があって、小指でいえば財運、交渉、言語、会話などなど。

小指が長くしっかりしていればしているほどそれらの意味は強まるので、財運があるかどうかは小指をチェックすることでわかるのです。

 

薬指の第一関節が分かれ目!

 

小指が長ければ財運が強いといわれても、どの程度で長いといえるのかがわからないと思います。そこで、長さの基準となる見方を教えちゃいます。

薬指の第一間接が標準と長いの分かれ目。

小指が薬指の第一関節までしかない人は小指としては標準の長さに該当します。なので、財運としても標準で強くも弱くもない人です。

小指が薬指の第一関節を越えれば今回のテーマの「小指が長い人」に該当し、財運も強いことがわかります。

意外と薬指の第一関節を越える人は少なく、むしろ短い人の方が多いぐらいです。それなので、小指が短かったとしても気にしないでくださいね。短い人の方が多いからというのもありますが、小指が財運の全てではないからです。(ここがポイントです)

 

指は潜在パワー!

 

線は表面的に出てきている運勢や性質だとすれば、指は隠された潜在的な運勢や性質です。まだ見ぬ底力のような実感しにくい部分なのです。

指で見て財運がある人と線を見て財運がある人では、明らかに線で財運がある人の方がお金を掴める可能性は高く、いわゆる「お金持ち」は線での財運が必要です。

指での財運はじわじわと効果を発揮するため、お金持ちではないけど不思議とお金に困ることがなく、ほどほどにお金に恵まれます。

小指が長い人に「財運強い?」と聞いても、「あまり…」などと歯切れの悪い答えばかりで、期待しているような答えが返ってくることは少ないはずです。

そのため、仮に小指が短かかったとしても財運線がしっかりしていれば十分お金を掴むことはできるのです。

小指が長い人は財運の潜在パワーを持っていると思って、自分の財運に自信をもちましょう。小指が短い人は潜在パワーには期待せず、財運線を日々チェックしながら仕事に励んで財運を高めていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今月のおすすめ記事

太陽線は人気A級。3つのポイントで人気S級の手相に!

「出会い・色気・アピール力」恋愛運アップに必須の3つの手相ポイント

2017年の運勢の占い本4冊を徹底比較!

手相鑑定を受ける時に覚えておいてほしい2つのポイント

財布の色2017年版 金運アップにおすすめのカラーと使い始めについて

手相から見る手荒れの意味

【成功者の手相ベスト3】仕事運&金運&人気運No1の線は?

2017年の運勢が良い手相をおみくじ形式で紹介!

手相家から見た手相占い本おすすめベスト11を紹介

占い師から見た算命学の本おすすめベスト4


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後の講座予定

◆2月4日、算命学講座「はじめての算命術」
詳細・お申し込みはこちら

◆2月9日、新規手相講座「楽しい手相入門」
詳細・お申し込みはこちら


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出張鑑定

◆1月28日(土)、群馬県の高崎にて出張鑑定を行います!
詳細・お申し込みはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

手相鑑定のお問い合わせはこちら
鑑定について

LINEトークでも鑑定予約ができます

限定10名!(残り6名)手相メール鑑定受付中


手相は「今」のあなたの状況が最も表れる占いです。
今の状況を読み取ることで、仕事、結婚、金運等の運勢から、
長所短所の性質に秘められた才能まで、あらゆることがわかります。
手相で自分の本質と運勢を知り、未来をより良いものに変えていきましょう。
1.