自己紹介

スポンサーリンク

はじめまして。

手相家の星健太郎です。

 

 

P1040835

 
普段の鑑定では手相だけではなく、東洋占いの算命学や五行易、方位学なども使っています。

でもここでは手相に特化して手相のことを徹底的に書いていこうと思っています!

 

そもそも僕が初めて興味をもった占いが手相でした。その興味がきっかけで占い師の道を歩むことになったので、手相があったから占い師になったとも言えるかもしれません。なので、今でも手相には愛着があり、好きな占術の一つでもあります。

 

ここで僕が何者なのかも含めて、簡単に僕の手相・占い経歴を書いておきたいと思います。

 

手相・占い経歴

2004年

自分自身の手相がマスカケ線と呼ばれる特殊な線であったので、昔から手相に興味があり、自分自身の手相を解明するために手相を学び始める。

 

2005年

横浜の中華街にて始めて手相鑑定を行う。占い師としてデビュー

 

2005年~2008年

2005年から2008年ごろまで鑑定力を身に着けるため、東京、横浜、埼玉、千葉、高崎、宇都宮、軽井沢、草津など関東全域に渡って様々な場所で手相鑑定を行う。

この時に数多くの鑑定をこなし、現在の鑑定人数は約2万人に達する。

 

2008年

初めて雑誌に占い記事を掲載。

 

2009年

初めてTV出演(はなまるマーケット)をはたす。

 

2010年

ダウンタウンの浜田さん司会の「浜ちゃんが」に準レギュラーとして出演。そこで数多くの有名人の手相を鑑定することとなる。女性ファッション誌の連載もスタート。

 

初めて海外(シンガポール)での手相鑑定を行う。シンガポール人の手相と日本人の手相の違いに気づき、手相の面白さをまた実感することとなる。

 

占いスクールにて手相講師デビュー

 

2011年

初めてのアメリカ進出。サンフランシスコで手相鑑定を行う。様々なTVや雑誌やイベントにも出演。

 

2012年

台湾、タイで手相鑑定を行う。台湾の雑誌で手相コラムの連載スタート。

 

2013年

手相と人相の関連性を知り、さらに手相の鑑定力が深まる。

 

2015年

鏡リュウジ先生と手相をテーマにした対談講座を行う。
手相経歴を見てもらった通り、 ここまで手相のおかげで色々な経験をさせてもらいました。手相は知れば知るほど面白い占いであることを実感します。

 

また、手相は手軽に日々の生活の中で生かすこともできれば、相手の深層心理や運勢を見抜くこともできます。

 

これから人生のプラスαとなるような手相情報を発信していきますので、よろしくお願いします!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク