知能線が短い手相は頭が悪い?!知能線の「長さ」でわかること

スポンサーリンク

生命線が短い、知能線が短いなど、手相では線が通常よりも「短い」ということに、どうやら悪いイメージをもたれることが多いみたいです。

そこで今回は知能線が短い人についての真実を解説します。「頭が悪い」と言われるのは本当なのでしょうか。

参考:「生命線が短い人は短命?!知能線で生命力を補える!」

 

知能線の長さは「思考力」

そもそも「知能線が短い」というのは、どの程度の長さであれば短いと言えるのかをはっきりしたいと思います。

知能線の標準の長さは薬指の下辺りです。

薬指以下の長さの中指や人差し指の下辺りで止まる知能線であれば、短いと判断します。

次に知能線の「長さ」にどういう意味があるかです。

ここに世間の誤解があるのでは?と思っています。

一般の方の中には「知能線が短い=頭が悪い」と勘違いしている人が多い気がします。

では知能線の長さとは何か?「長さ=頭の良さ」ではもちろんなく、長さは「思考力」を表します。

知能線が長ければ長いほど思考力があるのでよく考える人になります。

理論的になりやすい傾向はありますが、その分考え過ぎて悩みやすくもあります。

知能線が短い人は長い人に比べて思考力が劣るのは確かです。

考えることがあっても「考え込む」ことは少ないでしょう。

 

知能線が短い人の長所

長い人に比べれば悩むことが少ないかもしれません。

それも一つの長所とは言えますが、短い人にはもっと誇れる素晴らしい長所があります。

知能線が短い人は思考力の代わりに「直観力」を手に入れます。

感覚が人よりも敏感で閃きや察知する能力に優れています。

知能線の長い人が頭で感じ取る人なら、知能線の短い人は体で感じ取る人です。

スポーツや職人やマッサージ師のように、体で覚える仕事では余すことなく才能を発揮できるはずです。

知能線が長いことや短いことは一つの個性と思って、自分に合った環境を探してみて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

占い鑑定のご予約はこちら
占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

今だけ限定10名(残り6名)募集!『特別手相メール鑑定』
ご予約・詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク