手相の線が濃い人と薄い人

スポンサーリンク
手相は一つの線に対して見るポイントが5つあります。「始点」「終点」「長さ」「形」「濃さ」です。

この5つのポイントで手相を見れば迷うことが少なくなり、手相を知らない初心者の方でも手相を見ることができるようになるスピードはアップします。

実際に授業では、この方法で教えるようになってからというもの、手相を身に着けるスピードが格段に早くなり、多くの生徒さんが鑑定できるレベルまで達してくれています。

その手相を見る5つのポイントの中から、今回は最も分かりにくい「濃さ」について解説します。

 

女性よりも男性の方が線は濃い

 

まず自分自身の手相の線が「濃い」のか「薄い」のかわかりますでしょうか?多くの人が濃いのかどうかを判断することできず、聞かれても自信をもって答えられる人はいないと思います。

「濃さ」というのは言葉だけで説明するのが難しく、仮にHBのえんぴつぐらいなら薄い線、2Bのえんぷつぐらいなら濃い線といわれても、ピンとはこないとはずです。

なのでどうしても他の人の線と比べて判断するか、プロの占い師に見てもらうかしか線が濃いのか薄いのかを知る方法がありません。

ただし、周りの人と比べる方法は身近にいる数人と比べるだけでは、正確性には欠けてしまい、あくまでも仮の判断と考えて下さい。比べるサンプル数が増えれば増えるほど判断の正確性は増し、約100人ぐらいと比べるのが理想です。

プロの占い師は毎日のように誰かしらの手相を見ているので、そのサンプル数は数千数万とかなり膨大です。だからこそ、線が濃いか薄いかを迅速かつ的確に判断することができるのです。

線を見比べるに前に一つ覚えて置いてほしいのは、女性よりも男性の方が「線は濃い」ということです。もし、女性が男性と線の濃さが同じであれば、男性が薄いのか、または女性が濃いのかのどちらかだと考えることができます。

 

「濃さ」は主張の強さ

 

では線の「濃さ」は何を表すのか。線が濃ければ濃いほど線のエネルギーが強まり、「主張」や「個性」も強くなります。

そのため、線が濃い人は自信があって自我が強く、周りの人に与える影響も大きくなります。気を付けないと自分勝手な振る舞いで周りを振り回すわがままな人になり、迷惑をかけて避けられてしまうこともあります。

線が薄い人は、謙虚で控え目な性質をもち周りと足並み揃えて力を合わせることができます。主張する力は弱いので言いたいことが言えずに不満を溜めやすい傾向にあります。しかしながら、人から助けてもらえる運は線が濃い人よりも強く、周りからの応援がカギになります。

一言で違いを説明するのなら、線の濃い人の方が男性的線の薄い人の方が女性的と考えていただければわかりやすいかもしれません。

鑑定に男性の方が薄くて女性の方が濃いカップルがきたことがあります。話をきけば、やはり女性の方が主張が強く完全に男性を尻にひいていました。

ただし、このカップルのケースは男性が薄くバランスが取れているので問題はありません。もし、男女共に線が濃いのであれば、主導権争いがおき衝突する恐れがでてくるでしょう。

男性と女性で濃淡の基準は違うように、これ以外にも男女によって見方が変わる手相はあります。それを考慮して手相を見れば、一般の方でもプロ手相家に負けず劣らずの深い判断ができるようになります。

参考:『男性と女性で見方が変わる3つの手相』

まずは線が濃いか薄いかを判断できるよう頑張ってみて下さい。それができれば、簡易的な二人の相性診断ぐらいなら可能です(正確に相性を判断するには生年月日や他の情報が必要です)。それ以外にも同僚や知人の線の濃さがわかれば、どのような付き合い方をすると良いかの参考にもなります。

また、自分自身の手相の中の濃い線を見分けることができれば人生のテーマもわかります。最も濃い線は最もエネルギーが強くキーポイントとなる線です。

参考:『【5秒手相診断】最も濃い線がどの線かで人生のテーマがわかる』

ぜひ手相の基本である線が濃いか薄いかを知って、良好な人間関係を築いてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月25日高崎、7月28日藤沢で出張鑑定

出張鑑定のご予約

占い鑑定のご予約はこちら

占い鑑定のご予約

LINEトークでも鑑定予約ができます

LINEで鑑定を予約する

スポンサーリンク
スポンサーリンク